女子による暗号資産の情報サイト

暗号資産(仮想通貨)の採用が続く:ビットコインバンク口座が欧州31ヶ国で可能に

 

今年の暗号資産(仮想通貨)業界にとって、主流の暗号資産(仮想通貨)とブロックチェーンの採用が最も重要な目的ではなかったでしょうか。

この大きな目的を実現するため、暗号資産(仮想通貨)業界では多くのことが達成されてきました。

欧州での大規模採用

暗号資産(仮想通貨)の採用は、今までになく好調です。欧州の居住者は、ビットコインウォレットが統合されたドイツ銀行の口座開設を、電話で行うことが可能になりました。

これは、ドイツのブロックチェーン企業であるビットワラ社により開発された新しいアプリによって実現されました。

ビットワラ社は先週, “欧州経済地域の全31ヶ国の顧客は、(ビットコインを売買できる)ドイツ銀行口座の利点にアクセスすることが可能である”というコメントと共に(採用の)開始をアナウンスしました。

注意すべきことは、ビットワラ社は取引に対し1%の手数料を取りますが、口座開設とデビットカードを無料で提供するということです。

ビットワラ社によると、紛失したカードはアプリ上でキャンセルできるということです。

ビットワラ社の共同創立者であり、最高技術責任者のベンジャミン・ジョーンズ氏によるコメントは以下の通り:

“我々の開発者達は、ユーザーがこれまで経験した中で最高のアプリを提供するため、数か月間懸命に働き続けています”

“オンボーディングが現在アプリに直接統合されています。口座を開設すれば、ビットコインであろうがユーロであろうが、日々の財務業務を日々の生活にシームレスに統合できるのです。”

電話でビットコインを売買、そして保管する最も安全な方法

デイリーホドルからの報告によると、ビットワラ社の最高財務責任者であるクリストフ氏も本件についてコメントし、以下のように述べました:

“ビットワラ社により、皆さんのビットコインはマルチシグウォレット経由で直接ブロックチェーンに記載されます。(…)我々の顧客は、常時ビットコインウォレットを完全に管理していることになります。”

これがビットコインを売買、そして保管する最も安全な方法であり、後にユーザーのスマートフォンで可能になるのです・・・という言葉で締めくくったのでした。

 

 


【原文】

/https://oracletimes.com/crypto-adoption-continues-bitcoin-bank-accounts-launched-in-31-european-countries/