女子による暗号資産の情報サイト

【バイナンスがステーキングサービスを開始!】今知りたい、暗号資産(仮想通貨)ニュースを3つだけ!(9/22~28)

今週の暗号資産(仮想通貨)は荒れていましたね💦ビットコインは一夜にして20万円ほどの下落をしてしまいました。。

👉25日深夜20万円幅の下落要因をチャートから読み解く

そんな中、7月の資金流出事件よりサービスを停止していた取引所BITPoint(ビットポイント)が9月30日より再開するとの発表がありました!万全なセキュリティで顧客の信頼回復に努めたいとしています✨

はなこ

さて、今週はどのようなニュースがあったのか?3つに絞ってお伝えします!

Binance(バイナンス)が「ステーキングプラットフォーム」を開始

大手暗号資産取引所バイナンスが、ステーキングプラットフォームの立ち上げを予定していることが分かりました

バイナンスステーキングについて

バイナンスステーキングを使用すると、ユーザーはバイナンスに資金を預けて保持するだけで、毎月の報酬と配布を受け取ることで、資金を増やすことができます。

これらのより詳しい報酬や計算方法については10月1日に更新される予定です。

 

対応通貨
  • ネオ(NEO)
  • オントロジー(ONT)
  • ヴェチェーン(VET)
  • ステラ(XLM)
  • アルゴランド(ALGO)
  • クオンタム(QTUM)
  • スタートコイン(START)
  • コモド(KMD)

はなこ

これらの通貨をバイナンスに入金しておけば、通貨が増えていくってことね!

 

バイナンスの口座開設方法はこちらから👇

【Binance】世界最大規模の暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス、登録方法や手数料について

フランス、2020年までに25,000店舗でビットコイン決済可能に!

フランスで2020年初頭までに25,000以上の店舗(大手スニーカーのフット ロッカーや人気化粧品店セフォラを含む)で、ビットコイン決済の受け入れが開始となることがフランスの暗号資産メディアによって明らかになりました。

直接ビットコインの取引をするのではなく、決済事業の「グローバルPOS」や「Easy2Play」といった決済プラットフォームを介してビットコインをユーロに交換することで決済が可能となります。

 

はなこ

今後はビットコインだけでなく、アルトコインにも対応していくそうだよ!
フランスの暗号資産保有者数は約400万人!使いどころが増えれば暗号資産への需要も高まるにゃ!

ねこせん

 

税金はどうなるのかな?
フランスの経済財務大臣ブルーノ・ル・メール氏は、暗号資産間の取引に対しては課税しない方針を示しています。ただし、暗号資産を利用して商品やサービスを購入する場合は、付加価値税(VAT)がかかるそう。

LINEの暗号資産取引所サービス、iOS対応に!!

LINEの子会社LVCが運営する暗号資産取引所「BITMAX」が26日、iOSに対応しました。BITMAXは17日よりサービスを開始、アンドロイド版で先行スタートしていました。

BITMAXはLINE上の「LINEウォレット」タブから「BITMAX」にアクセスして、暗号資産取引や日本円の入出金を行うことができます。

 

はなこ

待ってました~!私iPhoneだからうれしい♪

こね子

LINE Payと連携できるから日本円の入出金がとっても楽なんだよね

 

BITMAXの特徴や口座開設方法はこちらの記事をご参考ください👇

LINE:暗号資産取引サービス「BITMAX」アンドロイド版で先行スタート❗口座開設方法も💗

 

セミナーのお知らせ
  • 日時:10月5日・12日・19日・26日 13:00〜14:30 
  • 会場:名古屋(詳細はLINE@にて)
  • 定員:20名
  • 参加費:無料

コインキャッツに会えちゃいます🐱💓

10月も毎週開催😻

セミナーの後には、お茶とお菓子も出てきます。
お茶会感覚で一緒に学び、楽しみましょう!
セミナーの案内、参加希望の方は↓COIN CATSのLINE@まで✨

LINE@に登録する