女子による暗号資産の情報サイト

LINE暗号資産取引所:アメリカでの取引所を準備中❗今後の事業展開も💗

9月より日本で暗号資産取引サービス「BITMAX」を開始しているLINE✨

LINEの子会社で、暗号資産・ブロックチェーン事業を展開するLVC株式会社の代表取締役・高永受(コ・ヨンス)社長がブロックチェーンカンファレンス「b.tokyo」に登壇し、LINEの暗号資産・ブロックチェーン事業について語りました。

今後の事業について

日本での暗号資産取引所「BITMAX」

・「BITMAX」は現在、LINEのID、LINEペイ、KYCと連携して使い勝手の良いサービスを提供している

・現在の取り扱い暗号資産はビットコインやイーサリアム、リップル、ビットコインキャッシュ、ライトコインの5種類のみ

今後は取り扱い暗号資産の種類を増やす予定

アメリカで暗号資産取引所の設立準備中

・LINEは昨年、シンガポールを拠点にした暗号資産取引所「BITBOX」を設立

・「BITBOX」は現状、日本と米国の居住者は利用できないため、日本では「BITMAX」の取引サービスを開始

アメリカでも暗号資産取引所をスタートさせれば、すべての地域でサービスを提供できる体制が整うとのこと

決済分野でもブロックチェーンを活用していく❗

・独自ブロックチェーン「LINKチェーン」を決済・送金分野でも活用

・今年の上半期に、VISAとブロックチェーンについて戦略的提携を結ぶことを発表

LINEペイでブロックチェーンをベースに決済と送金を可能にする新しいサービスを開発する予定

その他の事業展開予定

・LINEの独自ブロックチェーン「LINKチェーン」を自社サービスのDappsだけでなく、サードパーティにも開放予定

・LINKチェーンを活用した外部企業へのソリューション事業に向けて準備中
→ その一つが著作権管理システム

まとめ

著作権管理システムは様々な企業がブロックチェーンでの実用を試みようとしています。

私たちの生活を便利にしてくれている「LINE」。

コミュニケーションツールからスタートしたからこそ、実生活にマッチしたサービスをユーザーに提供できていますよね。

フィンテック分野で様々なイノベーションを起こしていく❗と宣言しているので、今後の事業展開に期待です💗