女子による暗号資産の情報サイト

【クリプト・トラッカーで判明‼】ウォール街がビットコインへ賭け始めている – プラス、リップル、イーサリアム、トロン、イオス、カルダノも✨

ビットコイン

スキュー市場の新しいデータによると、ウォール街のトレーダー達は、新しいビットコイン反騰に次々と賭け始めてきている

同社によると、870枚のビットコインがネットロング状態である。先週のビットコイン数は660枚であり、数日間で30%の増加を表している。

ビットコインがロングで増加しているにもかかわらず、暗号資産(仮想通貨)アナリストのFilbfilbによると、ビットコインは、10月25日に約8,700ドルでクローズ、9,500ドルでオープンした時にできたCME先物ギャップを埋めるため短期間で8,500ドルに下落するとみている

一方、追跡SNS ”Bakkt Volume Bot” によると、バックトの現物引き渡しビットコイン先物契約もまた増加中である。

データトラッカーによると、過去数週間にわたり、プラットフォーム上での先物契約数が急増していることを示している。

https://twitter.com/BakktBot/status/1190526341818585088

 Ethereum (イーサリアム)EOS (イオス)Tron (トロン)

トロンベースの分散型アプリ(DApps) を通じた暗号資産(仮想通貨)のドル価値は、イオスとイーサリアムを上回っている。

分散型アプリ(DApps)のウェブサイト ”DappReview” によると、それぞれのネットワーク上で380万ドル相当のイオス、370万ドル相当のイーサリアムに比べ、過去24時間ネットワーク上でDAppsを通じて移動されたトロンは、860万ドル相当の額である。

https://twitter.com/dapp_review/status/1190992096683085826

リップル及びXRP

リップル社は、XRPエコシステム販促の新しいプロダクトマネージャーを募集している。

リップル社の新しい求人職種一覧によると、“オンデマンド流動性資産”と呼ばれるリップル社のXRPベースで国境を越えた支払いソリューションの採用を強化できる人材を英国で探している。

このプロダクトマネージャーには、オンデマンド流動性資産チーム独自の製品の新機能全体に対する強力な実行力及び創造力を期待しています。

本職は、発注システム、売買技術の経験があり、エコシステムの一部となる製品開発への熱い思いがある方に最適です。デジタル資産及び通貨為替界隈での業界動向を理解し、その機会をXRPを使用し国境を越えた支払い採用に繋げるノウハウがある方を募集しています。

カルダノ

土曜日、  グーグルの量子計算マイルストーンの意味あいをカルダノの創業者であるチャールズ・ホスキンソン氏がサプライズAMA動画で説明した後、彼はクリプトバイザーのインタビューを受けた。

インタビューでは、カルダノのアンバサダープログラム、プラットフォーム開発におけるIOHKの役割、ブロックチェーンの現状その他について語っている。