女子による暗号資産の情報サイト

【自分で探す必要なし!】エアドロップの基礎知識から簡単・安全な入手方法まで紹介


仮想通貨(暗号資産)が無料でもらえる!!

この記事ではエアドロップとは何なのか、実際にエアドロップに参加するにはどうすればいいのかを説明します。

 

なぜ無料なのか、受け取る際の注意点など、以下のような不安を解消してくださいね。

あやしい響きだけど大丈夫かにゃー?

もらえるものは何でもいただくにゃん

ほしいけど面倒なのは嫌だにゃー

 

エアドロップとは?

トークン発行元が無料でトークンを配布することをエアドロップと呼びます。つまり、無料で仮想通貨をもらえます。

トークンとは、企業や個人よってブロックチェーン上に発行された独自の仮想通貨のことです。

目的

  • 知名度の向上
  • 保有者を増やす
  • 流動性を高める

 

大きく分けて2種類

エアドロップを受け取る方法は、以下の2つのパターンがあります。

  • 気付いたらウォレットに入っている
  • 自分で調べて参加する

 

気付いたらウォレットに入っている

イーサリアムを保有している人に対し、プロジェクトや企業がトークンを無料で配布しています。

ポスティングのようなイメージですね。

 

自分で調べて受け取る

一般的なAirDropの方法で、Webサイトなどで申し込み、受け取る方法です。配布されるトークンに上限が設けられているものが多く、基本的に「早い者勝ち」となります。

エアドロップの参加条件はトークンの運営元によって違いますが、基本的な手順を説明します。

 

受け取り手順

STEP.1
仮想通貨のウォレットを準備する
エアドロップはイーサリアムベースのトークンで行われることが多いので、ERC20に対応したウォレットを準備します。オススメはHBウォレットです。
STEP.2
気になるエアドロップを見つける
エアドロップの情報収集をします。twitterやテレグラム、ウェブサイトなどを使用します。
STEP.3
指定された条件を満たす
見つかったら、そのトークンのウェブサイトにアクセスし、示された手順にしたがって受け取ります。個人情報やアンケートの入力、twitterなどでの拡散を求められることが多いです。
STEP.4
届くのを待つ
あとは、届くのを待つだけです。楽しみですね。

 

タダって大丈夫なの?

秘密鍵は絶対に入力しないで !!

エアドロップの登録の際に秘密鍵を要求してくるものは全て詐欺です。絶対に秘密鍵を入力してはいけません。

仮想通貨の管理のための鍵として公開鍵と秘密鍵というのがあります。

公開鍵は個人の口座番号のようなものなので、他人に知られても問題はありません。

しかし、秘密鍵は仮想通貨を移動させるための暗証番号の役割を持つため、これを他人に知られると保管している仮想通貨を盗まれてしまいます。

 

↓公開鍵と秘密鍵についてまとめた記事はこちら↓

【管理まで】仮想通貨(暗号資産)の秘密鍵と公開鍵を分かりやすく解説!これで自分の資産を紛失しない!

 

簡単!!HBウォレットのエアドロップ

調べたり登録したり面倒だにゃー
簡単にエアドロップできるツールを紹介するね

送信にかかる手数料のみで、アプリからワンタッチでトークンを受け取ることができます。

  • 情報収集も必要なし
  • エアドロップの通知の中から好きなものを選ぶだけ
  • 個人情報の入力もしなくて良い
  • トークンは即座に届く

しかも、受け取ったトークンをそのままHBウォレットで管理できるので、とても便利!!

 

受け取り手順

画像出典:bacoor公式HP

STEP.1
「Grab Token」をタッチ
受け取りたいトークンを選択します。
STEP.2
「要求」をタッチ
「web site」からトークンの詳細情報を確認することもできます。
STEP.3
受信が完了するまで待つ
通信状態によっては30分程度かかることもあります。
STEP.4
自動的にウォレットトップへ追加される
追加されない場合はアプリを再起動してください。

まとめ

仮想通貨のエアドロップは無料でトークンがもらます。将来的に通貨の価値が上がれば大きな利益になるかもしれません。

しかし中には、個人情報を悪用したり、秘密鍵を聞き出すことが目的の詐欺案件もありますので、注意が必要です。

よくわからない人や面倒くさがり屋さんには、簡単に受け取ることができるHBウォレットのエアドロップがオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です