女子による暗号資産の情報サイト

高校で習う資産形成👨‍🏫~見え隠れする日本の現状~

 

高校で習う資産形成

資産形成の視点に触れること

2022年から始まる新教育課程

前回の記事では、フランスの高校では今年度からビットコインを授業で扱うという話をしましたね!

今回はなんと・・・

日本の高校の話!!!

しょこりーな

議題はビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)ではないけど、2022年度から始まる高校の新学習指導要領は、授業で「資産形成」を扱うように規定したんだって!

何の科目で扱うのかな?

はなこ

家庭科だって!
参考 高校家庭科で「投資信託」 22年4月から授業日本経済新聞
へー!家庭科の先生って調理や裁縫を教えてくれるイメージだったけど

金ちゃん

ねこせん

実は元々家庭科でも、家計管理の授業はあったんだけど、消費者目線の内容に偏ってたんだにゃ。
でも資産形成を教えるってことは、先生も株式や投資信託とか、基本的な金融商品を理解しないといけないよね!大変そう

はなこ

しょこりーな

そうそう、やっぱり先生の中には、かなり不安視してる人もいるみたい。
でもさ、まだ時間はあるわけだし、自分の勉強にもなっていいよね!金融庁も出張授業などを通して、つみたてNISA※1iDeCo※2といった税優遇制度や、「長期・分散・積み立て」投資の効果について理解を深めるためのイベントを通して、教育現場の準備をサポートする体制はあるみたいだし!

金ちゃん

※1 積み立て型の少額投資非課税制度 ※2 個人型確定拠出年金

ねこせん

金融リテラシーが低いとされる日本で、「投資家目線」でみた主な金融商品のメリット・デメリット、お金にまつわるリスクの管理方法についても学ぶいい機会だと思うにゃ。
先生自身の資産形成を始めるきっかけづくりにもなるよね!

はなこ

 

背景にあるもの

ゆーこひあ

新指導要領に「資産形成」という項目を組み込んだ背景には、前にしえるが記事にしていたように、年金制度の限界があると思う。
金融庁による発表、そして麻生金融相のあの発言の後、「またか・・・」というほどテレビ等で同問題につきご覧になったかと思います。総務省統計局による報告書によれば、男性が65歳以上、女性が60歳以上の無職の夫婦の世帯では、公的年金を中心とする収入約21万円に対し支出が約26万円となり、月約5万円の赤字になると試算しています。


(画像出典:総務省統計局ウェブサイト家計調査年報(家計収支編)平成29年(2017年)家計の概要)

もちろん生活水準は人それぞれだし、後日麻生金融相は「正式な報告書として受け取らない」と金融庁に対して事実上の撤回を求めたけど、日本の人口推移状況を考えれば、年金だけじゃ十分とは言えないってことは明らかだよね。

天使たん

しょこりーな

そうそう。でも難しいのは、「じゃぁどうしたら?」ってことなんだよね。何を基準にどう投資したらいいのか分からない人が多いのが現状。
やっぱり教育課程の中で、しっかりと教えていくことってとても大事なことだよね。

ゆーこひあ

他国との比較

天使たん

今や誰もが知るGAFAのGoogle、Apple、Facebook、Amazonは全てアメリカの起業家(生まれた場所は別として)によって創設されたわけだけど、アメリカの教育って日本とどう違うんだろう。
例えばそのAppleやFacebookの本社があって、ITをはじめとした様々なビジネスの最先端って言われるシリコンバレーでは、GreatSchoolsなどの格付けサイトを親がチェックして、家賃水準も考えて学区を決めるんだって!

しょこりーな

天使たん

親の姿勢がすごい!そのサイトでは何が見れるの?


まずは気になる学校や地区の名前を入れたり、州を選んで検索するよ!今回は私が住んでいたWisconsin州を選択!すると、同州には5,943の公立と12の私立が所在していると結果が表示されたよ。

しょこりーな


しょこりーな

各学校は、学問、公平性、環境の観点から採点されていて、スコアの良い順に表示されるの!とりあえず、今回は一番上に表示された学校を選択してみるよ
公平性という項目の中には、障害を持つ生徒の情報があったり、環境という項目の中には、生徒内の人種の分布情報まで開示されているんだね!

BB

しょこりーな

教育の機会は誰もが公平に持つべきだし、小さいうちから多種多様な相手に接触する機会があるかどうかは、教育上とても大事なことだからね!
これから更にグローバル化が進んでいけば、上司や同僚が外国人でもおかしくないもんね!

BB

ねこやん

入学後にクレームばかりつける日本のモンスターペアレントは見習ってほしいにゃ・・・

潜在意識の壁

しょこりーな

まぁ前述のサイトのようなものは、アメリカでも経済的余裕があって、意識の高い人たちが使うみたいだけど、やっぱり親の考え方や姿勢は子供に影響するよね。
そうだよね。私も小さい頃から、「貯金しなさい」って言われて育ったから、資産形成とか投資とか聞くと、最初は拒否反応がでていたというか・・・

はなこ


(画像出典:杉並区公式ホームページ 資料8)

ねこせん

1990年代初頭には、定期預金の利息が6%を超えていたし、そういった時代は貯蓄が一番の資産形成だったんだんだろうね。時代の変化に合わせて資産形成の仕方も変わることはしっかり理解して子供に伝えたいね。
戦後、汗水垂らして働くことを美徳とした教育を受けて育った日本人に根付いた、お金に対する考え方や価値観はそう簡単に変わらないし、そこをどう打破していくのかも課題だよね。

しょこりーな

併せて読みたい

金融庁「年金制度の限界」を認め「自助」を強調。難しいから要点をまとめてみた 節税制度は使ったもん勝ち!つみたてNISAをわかりやすく図解 どうして少子高齢化になるの?