女子による暗号資産の情報サイト

【アナリストが説明‼】ビットコイン価格が2020年に2020ドルまで急落する理由💡

2020年はビットコインの半減期を迎えるが、あるアナリストによると、価格の急落はあり得ると主張している。
source: :Source: Shutterstock.com

  • アナリストによると、ビットコイン価格は、マイナー達の売却に伴い2,000ドルから3,000ドル辺りまで落ちる可能性があるという。
  • 2018年12月、ビットコインは数週間で6,000ドルから3,000ドルまで落ちた。
  • もしマイナー達が撤退すれば、彼らはまた半減期後に戻ってくるだろう。

 

ビットコイン価格は2,020ドルまで落ちる?

多くの投資家達が、先週の6,600ドルを底値だと信じている反面、あるアナリストは、「2020年にビットコイン価格は2,020ドルまで落ちる可能性がある」と発言している。

CCNへの話によると、そのアナリストは、暗号資産(仮想通貨)市場の下落は続いており、マイナー達は利益確定に動くだろう。
2018年12月にみられたようなマイナー達によるビットコイン売却 は深刻な買い控えを引き起こす可能性があると発言した。

ビットコインの底値はどこなのか?

過去48時間内で、ビットコイン価格は、6,000ドル半ばからの回復後、高めの抵抗線で反発の兆しが見え始めてきている。

ビットコイン価格が、当初低めの支持線から反発し始めた時、トレーダー達は少なくとも8,000ドルへ下げ抜くことを注視していた。しかし、実際のビットコイン価格は7,000ドルに向けて再度試しながら、7,500ドル以上のモメンタムを維持するのに苦労していた。

 

ビットコイン価格は7,850ドルで反発、7,000ドル台へ下落 (source: coinmarketcap.com)

アナリストは、価値に対する認識においてビットコインのチャートは、下落を示していると説明した。現在価格からのさらなる下落は、短期における下降トレンドを引き起こす可能性がある。

アナリスト

チャートは、価値に対する認識が下降していることを示している。

もしこれが継続し、2018年のようなレベルを再び試すならば、私は下降トレンドであると予測する。ビットコインは予想不可能な動きをすることで有名であり、多くの人々は半減期を、生成量が半分になった後の価格上昇を当たり前の口実として捉えている。私は、投機的基盤での減少において均衡が回復するという事の方がつじつまが合うと思っている。

2,000ドルから3,000ドル幅という低価格は、2018年12月の6,000から3,000ドルへの50%急落から来ているものである。この動きは、価格が損益分岐点以下へ動くことでビットコインマイナー達が保持分を売り始めた時に、”マイナー撤退”として呼ばれる。

 

2020年5月が重要期!

2020年5月のブロック報酬半減期に関わらず、ビットコイン生成割合が半減するというメカニズムが、ビットコイン価格にすぐに影響を与えることはまだ明らかにされていない。

過去2度の半減期では、強気市場へ入る成功の年となっており、それは半減期が価格に織り込まれる可能性があることを示すこととなった。

しかしながら、そのアナリストによると、マイナー達が年末前に利益確定し2020年の第一四半期に買い控えする場合、彼らは半減期後には戻ってくるであろうと述べている。

アナリスト

マイナー達は利益確定、そして半減期後、市場の均衡が回復してから再投資することで最悪のシナリオに備えるだろう。価格予想は私が力を入れている分野ではないが、不合理な投機家達とレバレッジを効かせたマイナー達のもと、ビットコイン価格は、上昇の速さと同じ速さで下降する可能性があり、オンチェーン・データやいくつかの歴史あるフィアット取引所は、平均約2,000から3,000ドルを示している。
半減期自体は、ビットコイン価格に短期的には大きな影響力は持っていない。

しかし、再投資で入ってくるマイナー達にとっては重要な時期となり、ビットコイン価格が大きく動くのは2020年の中頃である可能性がある。