女子による暗号資産の情報サイト

【低電力‼】カルダノ創設者がネットワークへ電力供給する新規試作品をプロモート💡

カルダノ(CARDANO)は最近、格付け機関ワイスレーティングス社がイオス(EOS)と比較した際に注目された。

ワイスレーティング社のエージェンシーによると、“カルダノは明らかに、イオスより優れている。イオスが先に市場に出たが、2つのうち、カルダノが極めて優れていることが次第に明らかになってきた…” と述べた。

この他に、カルダノ創設者であるチャールズホスキンソン氏が、”2020年の大規模取引の動きに向けてプラットフォームは準備中である” と発言した。

また、彼は極めて楽観的であることを明かし、彼の言うところによると、カルダノのスマートコントラクトネットワークはいつかユーザー10億人を得る可能性があるというのだ。

彼曰く、“カルダノが遅れを取ったり、又は、私達が実験的成果であるということに満足はしない。”

少ないエネルギーでネットワークへ電力供給する新しい試作品

 ホスキンソン氏は、ほんの少量のエネルギーを使用しネットワークに電力供給できる低電力の試作品もプロモートしている。

“カルダノロック”は、人々がカルダノ上でステーキングノードを実施できるように設計されている。リナックス・オペレーティング・システム上で実行され、年間約30ドルの電力を使用する。

カルダノのエネルギー効率の良さを強調

ホスキンソン氏は、デバイスがカルダノブロックチェーンのエネルギー効率の良さを強調していると述べた。

何十億というユーザーと取引を10キロワットの電力で実施する世界的なソーシャル・オペレーティング・システムである。これがカルダノの力だ。”

このニュースに対し、ツイッター上では肯定的な反応が見られた。

フォロワーの1人

10キロワットは、太陽エネルギーで作りだすことが容易であり、CO2生成の低いエコシステムを強化する。
これは最高だよ。これこそブロックチェーンのあるべき姿だ。ビットコインのマイニングに使われている無駄なエネルギーを考えると悲しくなる。

別のフォロワー

ツイッターのユーザー

本当に素晴らしい! これまでの素晴らしい偉業を成し遂げたあなたとあなたのチームに感謝する。

価格の観点からすると、本記事を書いている時点では、エイダはコインマーケットキャップ(CMC)で12位であり、マイナスでの取引である。

 

 

関連記事

【暗号資産(仮想通貨)で焼き肉!!】焼肉たむらでADA決済導入☆