女子による暗号資産の情報サイト

【1億ドル分の巨額ビットコイン売り圧力】激しい下落後に注目すべき価格レベルとは⁉✨

一夜にしてビットコイン(BTC)は、過去数週間で形成された上昇チャネルの下方境界へと価格を急落させた強烈な拒否反応に直面した。この拒否反応は市場の地合い全体を変え、以前の楽観的強気相場をますます弱気な相場へと導いた

重要なことは、最近の弱さの中にも弱気相場は底力を持っていることを示しながらもローソク10分足での9桁台の取引高によって引き起こされたことから、この直近の売却の強さは、ビットコインにとってはトラブルの兆しである可能性がある。

下げ相場が巨大な力を集めた後ビットコインが急落する

記事を書いている時点で、ビットコイン は3%ダウンで現在価格 8,660ドルで取引されている。この価格は、昨夜の反騰の絶頂期となった当日高値9,200ドルから著しい下落を示している。

9,200ドルに軽く触れた後、下げ相場がうなりを上げて進み8,600ドルに引き寄せた頃に9,100ドルに到達するまで下げ始めていることから、ビットコインの上昇トレンドは低迷の兆候を示し始めた

この売却は、10分間という短時間で、取引高1億ドルの流入によって引き起こされたのである。

ローソク10分足で101,747,000ドル。今年初のボラティリティ急騰だ!

と、ビットコインオプション・先物プラットフォームであるデリビットがツイッターで発言した。

この売り圧の規模の大きさから、ビットコインの下げが以前に予想されていたより強く表れるのだ。

この上昇チャネル以下でのブレイクは、巨額損失が入ってくることを意味しているのかもしれない

暗号資産(仮想通貨)アナリストで有名なテディ氏が最近のツイッターで、

ビットコインは現在、チャネルの上方境界で拒否反応を示した昨夜の売却とともに過去数週間で得られた上昇チャネルの下方境界あたりで推移している” と説明した。

さらに、

ショート注文は、チャネルのレジスタンス上及びそれ以上に広がったが刺さらなかった。チャネルのレジスタンスとして再テストするよう、点線に沿ってスキャルピングでロングエントリーする。それ以下は、バイアス的に強気ではない” 

もしビットコインの弱気相場が最近の強さを失い、現在価格レベル以上にビットコインを保持できない場合、更なる損失が迫っていることを示唆し、暗号資産(仮想通貨)の市場構造に大きな変化をもたらす可能性がある。