女子による暗号資産の情報サイト

【新型コロナウィルス被害の中小企業救済策】北京市がブロックチェーン融資プラットフォームを活用開始‼

北京当局によると、新型コロナウィルスが同市の工業に深刻な打撃を与える恐れがあることから、借り入れや営業維持が厳しくなった中小企業を援助するためブロックチェーンを使用した融資プラットフォームを導入した。

2月9日の人民日報によると、市当局は緊急措置の一部としてそのプラットフォームを活用開始した。

政府がウィルスの被害拡大を制限するため、春節休暇を延長した状況で中小企業が最も影響を受けているのだ。本日営業を再開した企業が多いものの、市内の大多数の企業は部分的にのみ再開し、多くの従業員は在宅勤務しているのである。

従業員や取引先が今後数日間で通常通り営業を再開しない場合、都市部の中小企業の生産力にとって深刻な妨害となり悪化させる可能性がある。

報道によると、ブロックチェーン・プラットフォーム導入により、中小零細企業は、参加の3銀行だけでなく政府からも融資を受けることが可能となる。

当局はまた、都市部でウィルスによって生活やビジネスを混乱され続けていることから、関連する国有の研究所及びその他の地方自治体と共にブロックチェーン債務管理プラットフォームの“積極的な推進”についても発言している。

プラットフォームは、保険の保証、投資支援及び緊急融資を含むサービスを提供する。

当局の発言:

ブロックチェーン技術を使用することで透明性の向上誤った請求発行の防止、そして関係者全員が他人の財政状況の最新情報を確保できるようになる

同時に、保険業務提供者達は、新型コロナウィルス発生の中での迅速な支払い請求にブロックチェーンを頼りにしているのである。 サウスチャイナ・モーニング・ポスト紙によると新型コロナウィルス発生により少なくとも中国本土の27都市を封鎖しており多くの香港人は在宅勤務を余儀なくされている。

それ故、1億400万人に対し基礎健康保険を提供するブロックチェーン上での請求共有メカニズムを有する中国本土の翔胡宝(オンライン相互保険プラットフォーム)は、最大で一時金10万元(14,325USドル)の保険金支払いが可能である重症疾病として新型コロナウィルスをその対象に追加した。

中国のアリババグループの関連企業であるアントフィナンシャル社がそのプラットフォームを持っており、自社の資本を支払いの資金に充てる。香港では、東亜銀行の子会社であるブルー・クロス・インシュランス社は紙処理削減、請求処理の迅速化、そして対面接触の必要性を無くすため、ブロックチェーン上での請求を実施している。