女子による暗号資産の情報サイト

【ビットコイン暴落】底値割れで50万円以下に!!いつ反発しそうか考えてみた

仮想通貨市場は20日、ビットコインが底値割れし、47万円台まで暴落しました。時価総額上位の主要な仮想通貨も軒並み下落、一部には20%下落した通貨もあります。

仮想通貨の時価総額全体は17兆円を下回り、年初来の低水準となっています。

マーケットが弱気であったり、パニックとなっている時は、長期的にみれば投資の機会にもなります。
ただ更に価格が下落する可能性があるため、買いを入れるには下落が落ち着くのを待つ必要があるでしょう。

 

こんなに下がって大丈夫?

 ビットコインの下落

・74%ほど

・2017年12月から現在

・240万円程度から48万円程度

 

ビットコインの歴史の中で、ピーク時から74%も下落したのは初めてではありません。

ビットコインがその高値から94%の下落や85%の下落など、これまでも大幅な急落を経験してきています。

 

94%の下落

・マウントゴックス事件

・6月から11月の5カ月間

・1BTC=1400円程度から1BTC=230円程度に

 

85%の下落

・ビットコイン市場は年の終りに過熱する傾向

・2013年後半に1200ドルを目指し、その後市場の衰退が長期間続く

・2013年12月~2015年1月

・122,000円程度から18,000円程度

(13年は1ドル102円、15年は1ドル120円として)

ビットコインの知名度が上がったため、今までの下落よりも世間の脚光を浴びる形となっています。

 

ビットコイン

チャートはこのようになっています。(引用元:coinmarketcap

 

価格が調整局面にある時、どこでそれが終わるのかを予測するのは困難です。したがって、抵抗ラインを注意深く見る必要があります。

 

抵抗ライン

過去に大きく反発した価格を目安にするため、その価格付近を抵抗ラインと考えることが多いです。

ビットコインだと、以下の価格が注目されています。

  • 4813ドル付近(約54万円)
  • 4170ドル付近(約47万円)
  • 3513ドル付近(約40万円)
  • 3011ドル付近(約34万円)

 

現在、約54万円付近の抵抗ラインを下抜けてしまっているので、次のターゲットとなるのは、約47万円付近です。

この辺りで反発してほしいところですが、チャートでは約40万円の方が可能性が高そうに見えます。

 

イーサリアム

チャートはこのようになっています。(引用元:coinmarketcap

イーサリアムの価格は19日朝までは2万円台で推移していたものの、午前9時過ぎから急落し、1万5000円台まで下落しています。

時価総額がリップルに抜かれ、第3位となってしまいました。

 

抵抗ライン

9月12日の安値以来、1年ぶりの安値になっています。

イーサリアム では、以下の価格が注目されています。

  • 136ドル(約15,000円)
  • 110ドル(約12,000円)

 

9月12日の安値167.32ドル(約18,700円)も約15,000円も下回ってしまっているので、次の抵抗ラインは約12,000円です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です