女子による暗号資産の情報サイト

【あなたは何問わかる?】ブロックチェーンクイズ2020第四弾‼


しょこりーな

第三弾に引き続き、過去3か月の記事の復習をかねたクイズを出題するよ!

第1問 アジア初!2020年最大級ブロックチェーンオンラインイベント

TEAMZがリードするメディアChainTalkによって5月に開催された、ブロックチェーンオンラインイベント「Crypto Asia Summit」に登壇した業界のリーダーは?

  1. Changpeng Zhao(Binance CEO)
  2. Jimmy Song(ビットコイン開発者・著者)
  3. Roger Ver (Bitcoin.com CEO)
わからない方、参考記事はこちら♪
【4月注目記事2選👀】ブロックチェーンニュース📣

全員

しょこりーな

記事を読むだけでは全部わからなかったかもしれませんね!(笑)本イベントでは1週間にわたり、業界のリーダーたちによる講演が絶え間なく開催されていました。1日の講演内容についてまとめている記事を見つけたので、参考までに貼り付けておきます。
参考 最大級のブロックチェーンオンラインイベント『Crypto Asia Summit』 ー 4日目開催レポートPR TIMES

🔹🔹🔹

第2問 企業向け追跡ソリューション「EMURGOトレーサビリティ」

暗号資産イーサリアムの創設者の一人であるチャールズ・ホスキンソン氏が、イーサリアム財団を退いた後に立ち上げたEMURGO。その独自のトレーサビリティを、最初に導入した企業の事業内容は?

  1. スーパーマーケット
  2. アパレル
  3. カフェおよびその運営
わからない方、参考記事はこちら♪
【4月注目記事2選👀】ブロックチェーンニュース📣

③カフェおよびその運営

EMURGOと提携し、EMURGOトレーサビリティを初めて企業として導入したのは、Blue Korintji Coffee(ブルーコリンジコーヒー)という、スマトラのMount Kerinciという活火山を有す高地で栽培されるコーヒーを専門として、ジャカルタで5店舗を展開するカフェとその運営会社。
生産者、業者、プロセサー、輸出業者、ロースター、小売業者など中間業者が多く、サプライチェーンがかなり複雑となっているコーヒー豆。EMURGOトレーサビリティにより、曖昧な会計基準や手間のかかる原産地証明の解決となることが期待される。

🔹🔹🔹

第3問 アジア初!ブロックチェーン型オープンバッジ

eラーニングで知られるネットラーニング社が、アジアで初めて自社プラットフォームにて提供開始することを4月2日に発表したのは何?

  1. e-ラーニング受講代金決済システム
  2. 仕事マッチングアプリ
  3. デジタル証明書のオープンバッジ
わからない方、参考記事はこちら♪
【4月注目記事2選!】ブロックチェーンニュース📰Part.2

③デジタル証明書のオープンバッジ

IMS Globalというデジタル教育関係の国際標準化団体が世界標準規格として認定した、個人のスキルや資格をオンラインで表示できるサービス。学習・研修・資格等の合格・認定・修了証明などをセキュアな電子バッジで提供。オープンバッジの発行・内容証明・検証、保管用のウォレット提供、オープンバッジの公開や共有など含めた、ブロックチェーン技術を用いた信頼度の高いサービスにて、まったく新しい人材育成・教育ソリューションを提供する。

🔹🔹🔹

第4問 アプリで完結 シェアリングビジネス

ブロックチェーンロック社が提供する、宿泊施設や貸し会議室の運営(予約、カギの管理など)を一括管理出来るアプリ「KEYBOX」を連携させたPlanetCrossは、ある国のシステムを商用化したものだが、それはどこの国?

しょこりーな

ヒント:電子国家として何度かCoinCatsでも紹介しているよ!
  1. アメリカ
  2. シンガポール
  3. エストニア
わからない方、参考記事はこちら♪
【4月注目記事2選!】ブロックチェーンニュース📰Part.2

③エストニア

Planet Crossを商用化しているPlanetway Corporationは、2015年7月設立。本社をサンノゼ(米国カリフォルニア州)、開発拠点をタリン(エストニア)、そしてビジネス開発とバックオフィス機能を東京に置く。ICT先進国エストニアで生まれた情報連携基盤を民間向けに応用開発している。

🔹🔹🔹

 

さ、中間地点!順調に答えられているかな?残り4問頑張って!

しょこりーな

🔹🔹🔹

第5問 グルメSNS 飲食店を長期サポート

倒産や休廃業が増加する飲食店の支援を目的に開発されたアプリ「シンクロライフ」が、コロナウィルスによる自粛要請で厳しい状況にある飲食店をサポートするために打ち出した策とは?

  1. アプリ使用料を「顧客の飲食代金の5%」から3%に下げた
  2. テイクアウト商品の登録を無料化した
  3. 2020年5月および6月のアプリ使用料を無料化した
わからない方、参考記事はこちら♪
【コロナに負けるな!注目記事3選!】ブロックチェーンニュース📢

②テイクアウト商品の登録を無料化した

コロナウィルス感染拡大防止のため、営業自粛せざるを得ない飲食店の多くは、テイクアウトサービスを開始した為、その広告掲載料を免除する形で、飲食店をサポートしようという試み。シンクロライフのアプリに加盟することで、グルメSNSプラットフォームを活用できて、PR、ビックデータを使ったCRMまでを自動で実施できる。

 

🔹🔹🔹

第6問 Libra 初代CEOに元財務次官

Facebook社による暗号資産リブラが主催の、リブラ協会 初代CEOに任命されたスチュアート・リービー(Stuart Levey)氏の役職は?

  1. Microsoft取締役
  2. Uber執行役員
  3. HSBC最高法務責任者
わからない方、参考記事はこちら♪
【5月注目記事3選❣️】ブロックチェーンニュース📣

③HSBC最高法務責任者

HSBCホールディングス(エイチエスビーシーホールディングス、HSBC Holdings plc)は、イギリスのロンドンにあるカナリー・ワーフに本社を置き、商業銀行を主体とする、世界最大級のメガバンク。同銀行の最高法務責任者を務める元財務次官のスチュアート・リービー(Stuart Levey)氏は、官民両方における豊富な知識で、技術革新と規制間の適切なバランスの実現を期待されている。

🔹🔹🔹

第7問 中国北部でマイニング禁止令

暗号資産(仮想通貨)のマイニング禁止を示唆する通告が、地方当局から関連組織に対して行なわれたのは、中国の何省?

しょこりーな

ヒント:その省はビットコインのハッシュレートの約10%を占めていて、中国で2番目にマイニングが盛んだっていうデータがあるよ♪
  1. 四川省
  2. 浙江省
  3. 山東省
わからない方、参考記事はこちら♪
【1年間で80%UP!!】まだまだ高まるビットコインへの関心

①四川省

業界大手のBITMAINがマイニングを行っている場所としても知られる。地方当局は、当該地域の水力発電事業を行う企業に対し、マイニング企業の招致中止と、データセンターによるマイニングの阻止を呼び掛けた由。結果としては、ほとんどの企業が本通告へは従わない方針である模様。

🔹🔹🔹

第8問 暗号資産マイニング新勢力登場

ここ数年新たなマイニング地として注目されている、トヨタも製造の拠点として工場を稼働させる米国の州はどこ?

  1. シカゴ
  2. ウィスコンシン
  3. テキサス
わからない方、参考記事はこちら♪
【1年間で80%UP!!】まだまだ高まるビットコインへの関心

③テキサス

1907年に電気事業が州規制の対象となって以来、米国国内には自由化と非自由化の州が混在しており、自由化しているのはニューヨーク州、メリーランド州、ニュージャージー州の東部、テキサス州など13州とワシントンD.C.のみ。電力自由化された州の電力の活用先としてマイニングが着目されている。

しょこりーな

やっぱり人間はアウトプットもしないと頭にはいらないですよね!COIN CANTSを利用して、どんどん見識を深めていきましょう!