女子による暗号資産の情報サイト

世界2位の証券取引所ナスダック、ビットコイン先物の取引開始を検討(来年1~3月か)

そして同じく2019年の第1四半期(1月24日)には、Bakkt(バックト)のビットコイン先物取引が開始される予定となっています。

 

Bakktとは?
ニューヨーク証券取引所を運営するインターコンチネンタル取引所(ICE)が運営する仮想通貨取引プラットフォーム

ビットコイン先物を筆頭に、保管や決済など、機関投資家・小売業・消費者のすべてを対象としたさまざまなサービスを提供する予定で、大きな期待が寄せられている。

 

こういった世界的な金融機関の参入により仮想通貨のインフラ整備が進むことで、機関投資家からの資金流入が見込まれることでしょう。

 

ねこせん

「仮想通貨=怪しい」という時代はもう終わったにゃ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です