女子による暗号資産の情報サイト

BITYARD入出金方法を図式で解説👀🔍

みなさんこんにちは!金ちゃんです🗣✨

2021年もどうぞよろしくお願いします👏
ビットコインは引き続き大暴騰をしています。

副業として収入を増やしたいとお考えの方も多いのが今回の経済崩壊🤔

不動産や株などは参入障壁が高いため、近年では暗号資産に
大変注目が集まっています。

2020年、ビットコインは安値から約8倍になるパフォーマンスを見せました。

株や不動産投資、銀行金利でも1年で8倍になることはほぼ不可能だわ❗️

金ちゃん

ビットコインや暗号資産を始めるステップはとても簡単です💴
少額から始めて、金ちゃんと一緒にトレーダーになろう😊✨

 

今回は少額からでもスタートのできる
海外大手取引所のBITYARDの入出金方法を図式で解説します🙌✨


BITYARDとは

Bityardは2019年11月に設立された、
シンガポールに拠点を置く暗号資産取引所です👏

板取引ではなく2Way方式の販売所ですが、
ビットコインなどのメジャー暗号通貨に限れば
スプレッドが非常に小さく設定されています。

BITYARDの口座開設がまだの方は
こちらのページから詳細を解説していますのでご覧ください😊

BITYARDへ入金する

 

BITYARDは海外の取引所になるため、日本円での入金はできません
そのため、日本国内の暗号資産取引所をまず初めに開設する必要があります😮

 

コインキャッツのおすすめ取引所はビットフライヤービットバンクです!
口座開設記事もUPしていますので、
まず最初に日本の取引所開設を行ってください。

 

今回のこの記事は国内取引所に口座があり、
担保になるお金を日本の取引所に既に、
入金されている方を対象にした紹介ページ
になります🙇‍

 

STEP1

まず始めに自身のBITYARDへログインします。
TOPページに【マイアセット】項目があるのでそちらをクリック。
その中にある入金を押します☝️

今回はPC版で案内していますが、スマホからも基本的な操作は同じになります。

STEP2

すぐに入金できる通貨の一覧がでてきます。

例えばUSDTを入金する場合、
予め送金元や受取先でチェーンネームが指定されている場合は、
【OMNI】か【ERC20】か【TRC20】を選択します。

選択するとそれ専用のQRコードとアドレスが作成されますので、
送金元にQRコードかアドレスをコピーまたは読み取りをして貼り付けます。

アドレスのコピーはアドレスの右側にある赤い囲みのボタンを押すとコピーできるようになっています。

これらは銀行でいうと
振込先口座番号のようなものなので、
操作方法がわからない場合は、送金元の取引所やウォレットをリリースしている元の運営側に聞くといいでしょう👍

シャ

BTCの場合も方法は同じです。

必ずアドレスはコピー&ペーストで取り扱うようにしてください。
アドレスの文字が間違っているだけで、
BTCが闇に葬られ、2度と戻ってこない場合があります

XRPの場合は他の通貨とは違い、アドレスの他に【タグ】という指定された番号をその都度送金元に入力しなければいけません。忘れず必ずコピー&ペーストしましょう👍

実例をレクチャー

今回は日本の取引所でも有名な、ビットフライヤーからBTCをBITYARDに送金するのを実例を用いてレクチャーしたいと思います。

ビットフライヤーを開いたらサイドバーに【入出金】という項目があるのでそちらをクリック。

続いて入金する通貨を選択できるので【ビットコイン】を選択します。

続いて預入と送付があるので【送付】をクリック。

送付先のアドレスを新規で登録する必要があるので下部にスクロールすると【アドレスを登録する】をクリック。

そうすると登録のメールアドレスに新規アドレス追加の案内メールが来ているはずなので、メールを開きます。

金ちゃん

暗号資産でいうアドレスは、銀行でいう口座番号なので、
今回のこの登録というものは、
日本の銀行でもよく送金のやり取りがある送付先の口座情報は登録しておいて、次回からの振込のときに手間が省けるというシステムがあると思いますが、それと同じだと思っていただければOKです😊

 

メールの中に記載されているリンクをクリックします。

続いて、二段階認証を入力する画面が出てくると思いますので、二段階認証の6桁の番号を入力します

二段階認証の設定をされてない方はこの機会に強く設定をすることをおすすめします。

👉:ビットフライヤー二段階認証の設定方法

二段階認証を正しく入力できれば、このような画面になりますので、
ラベルにはお好きな文字を入力します。

ここでは分かりやすく【BITYARD】としておきます。

そして先ほどのBITYARDのBTC口座アドレスをコピーしてここに貼り付けます。
追加する】ボタンを押し、これで送付先アドレスの登録が完了したことになります😉

入出金画面に戻ると送付先外部アドレスの一覧に新規で追加されたことが確認できます。

このまま送付するので、赤枠のアドレスをクリックします。

 

ここで送付する量を入力します。
画像では0.001BTC、今のレートに換算すると約3500円ほどを送金します。

ここで送金手数料を見てみると、【0.0004BTCを手数料として頂戴いたします】と書かれています。

これは今のレートに換算するとなんと、1400円です❗️

3500円のBTCを送りたいのに、手数料で1400円取られてしまいます。

なのでここでは送金せずに、案内するだけにします😇笑

もしこのまま送付したい場合は赤枠を押します。

その後、再度ビットフライヤーから登録のメールアドレスに送付確認のメールが届きますので、中にある承認するリンクをクリックすれば、送付手続きの完了になります。

取引所によっては確認のメールが届かないところもありますが、念のため確認しておきましょう。
承認作業がある取引所では、この承認メールを確認しなかった場合、送付は完了されず、元の場所からBTCは動きません。

 

BTCの送付手数料は取引所などによってまばらです。

BTCよりもXRPの手数料の方が割安なので、
取引所間の送受金に使う暗号資産はXRPにすることをお勧めします。

送受金のスピードもXRPの方が早いわ❗️

金ちゃん

 

BITYARDから出金する

BITYARDから出金できる通貨はUSDTのみになります。
そのため、USDTの取り扱いがある取引所に出金作業をすることになります。

BITYARDで稼いだお金を日本円で手元に戻すためには以下の手順になります。

①BITYARD→USDT対応の取引所に送金(例:bybitやbitfinex)

②USDTをBTCかXRPなどの通貨に両替

③両替した暗号資産のBTCやXRPを日本の取引所に送金

④送金された暗号資産のBTCやXRPを円建てに利益確定→日本の銀行へ出金

 

作業工程は多いように感じますが、暗号資産取引所の送受金に慣れてしまえばとても簡単なので、この機会に使いこなせるようにしましょう😉✨

ここからは①と②を実践と画像付きでレクチャーします。
③についてはbybitから出金する方法の記事が別でありますのでそちらをごらんください。
④については、お使いの取引所によって異なりますので、
別途確認する必要があります。
詳細については下部のリンク等をごらんください🙇‍

STEP1

それではさっそくBITYARDからBybitにUSDTを送金してみます。

そのためにはまず受けとり側のUSDTアドレスが必要なので先にbybitへログインします。

まずはbybitのトップページから【個人資産】をクリック。

するとbybit内で保有している通貨残高の一覧が表示されます。
USDTは一番下にあります。
USDTの【入金】をクリック。

特に操作する必要はないですが、USDT特有のチェーンネームが送金元で指定されている場合はOMNIを選択して【確定】を押します。

ERC20のままでしたらこのままアドレスをコピーします。

続いてBITYARDのページへ行き、マイアセットの【出金】をクリック。

出金先の口座アドレスを設定する必要があるので
アドレス管理】をクリックします。

赤枠の【出金先アドレスを追加します】をクリック。
先ほどbybitの方でコピーしたERC20のUSDTアドレスをここに貼り付けます
ウォレットラベルはBYBITにしておきましょう👍(分かりやすければ特になんでもOK)

確認】ボタンを押して完了です。

 

新規アドレスの追加が完了しました。
赤枠の【戻し】をクリック。

ERC20を選択します。今回はERC20ですが、送受金共にチェーンネームは揃える必要があるので、間違えないようにしましょう。

①出金アドレスというところをクリックすると、
登録のアドレスが出てくるので(画像ではスクショ撮れませんでした)
先ほど登録したラベルの【BYBIT】を選択すると自動でアドレスが入力されました。

②出金したいUSDTの量を入力します。
手数料が3USDTかかるので、ここでは残高590USDT全ては出金できません。
手数料分を差し引いた587USDTと入力することにしましょう。

③PINコードはBITYARDの登録時に設定したものになります。
こちらを入力します。
※忘れてしまった方はカスタマーに聞いて解決しましょう。

④Eメール認証というものが必要になります。
空欄をクリックすると、登録のメールアドレスあてに右の画像のようなメールが届きますので、この中のcordと呼ばれる数字をコピーして貼り付けます。
時間制限があるので、素早く行いましょう👍

下にある【確認】ボタンをクリックして完了です。

正しく出金作業が行われていれば、登録のメールアドレスに以下のようなメールが届いているはずです。

STEP2

bybitへ出金ができたか確認してみます。

登録のメールアドレスに入金されたと報告がありました。

さっそくbybitを開いてみましょう👍

USDTがしっかりと入金されていました👏

ここでUSDT以外の暗号資産に両替して、
日本の国内取引所に送金する必要があるので
右上の【資産交換】をクリック。

①で交換する暗号資産同士を選択します。
今回はUSDT→XRPに交換するので画像のようになりますね👏

②交換する量を入力します。
下の%バーでも選択できます。
今回は全てのUSDTをXRPに交換するので100%を選ぶと、
自動で数量が入力されました。

間違いがなければ【交換】をクリック。

すると交換確認のポップアップがでてくるので【確定】をクリック。

交換が正常に完了しました😇

STEP3

続いてはbybitから日本の取引所へ送金する方法ですが、
↓↓の記事で紹介しています。

こちらの記事ではBTCのパターンなのですが、他暗号資産でも方法は同じになります。
ただし、XRPの場合は都度受け取りアドレスを生成する他、専用のタグを一緒に
入力する必要がありますので、注意してください。

Bybit❗️入出金方法

日本の取引所で暗号資産の受金ができたら、
その取引所の規定に従い、
日本の銀行へ出金処理をしていく形となります🏧

ビットフライヤーやビットバンクの使用方法もコインキャッツでは紹介していますのでよければごらんください🙌✨

👉:ビットバンク入金方法

👉:【国内】暗号資産(仮想通貨)取引所の使い方!9社 総まとめ

👉:金ちゃん経済レッスン