ここでもキャッシュレス化!「電子賽銭」全国で拡大

初詣などに欠かせない「賽銭」

最近は、紙幣や硬貨だけでなく、1円単位で支払える電子マネーで受け付ける神社や寺が全国で広がっています。

時代の流れに沿った方法ですが、賛否も分かれています。

 

 

初めは愛宕神社

東京都港区の愛宕神社は2014年、電子マネー「楽天Edy」による決済を開始しました。

目的

賽銭泥棒防止のため

 

権禰宜(ごんねぎ)の松岡里枝さん

当初は批判もあったが、国がキャッシュレス化を進めることもあり、理解が得られてきた。さい銭はそもそも、米や魚などの奉納が現金に変わったもの。現金が進化した電子マネーでも違いはない。

 

 

世界文化遺産の神社も

日光二荒山神社

18年10月、電子決済が普及する中国からの参拝客増加を理由に、賽銭を電子決済できるシステムを導入しました。

電子決済できるシステム

  • 境内の約10カ所にQRコード付きの看板を掲げる
  • 支払先をスマートフォンで読み込むことで決済可能

 

神社総務部長の斎藤芳史さん

電子決済は時代の流れ。中国の春節(旧正月)に当たる2月には多くの参拝客が来て電子決済が増えるのでは。

 

 

日光山輪王寺

世界遺産のネット活用は、数年前、世界遺産「日光山 輪王寺」が主導して、NTTレゾナントと共にビーコンの実験を行った頃から活発化しているようです。

日光山輪王寺では、別院である中宮祠の中禅寺立木観音を皮切りにお賽銭を電子マネーやクレジットカードで決済できるように環境を整備しました。

 

 

初詣をする人はどう思っているのか

好意的な意見

「好きな金額を簡単に入れられて便利」

「ポイントやマイルがたまる」

否定的な意見

「電子データ(で支払うこと)に違和感」

「罰当たりな気がする」

 

 

 

そもそもお賽銭とは?

賽銭

祈願成就のお礼として神や仏に奉納する金銭のこと。

元は金銭ではなく米などを供えた。

米などの供物が金銭に形を変えたことを考えると、その金銭が電子マネーに変わるのも、時代の流れなのかもしれませんね。

 

宗教法人の神社本庁

御利益はそもそも、お金の対価として与えられるものではない。

 

大切なのは祈願成就への感謝の気持ちとのことです。

 

 

おまけ

私の好きな小話

神主さん「お賽銭は音を立てずに入れると、成就しやすいんですよ。」

 

そっと投入する参拝者たち

…チャリーーン…チャリーーン

 

参拝者「…難しいですね。」

チャリーーン…

 

神主さん「ふふふ。紙幣を入れてねということですよ。」

 

( ゚д゚)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です