イーサリアムは大丈夫?51%攻撃の危険度を通貨ごとに調べる

昨日、イーサリアムクラシックが51%攻撃の被害を受けたという記事を書きました。

昨日の記事はこちらイーサリアムクラシックに51%攻撃!?損失額や日本の取引所の対応について

 

イーサリアムクラシックってイーサリアムから派生した仮想通貨だよね。イーサリアム は大丈夫なの?
イーサリアムが51%攻撃の被害を受ける可能性について解説するよ。

 

51%攻撃にかかるコスト

現在、イーサリアムでは「Proof of Work」を採用しているため、取引の承認をマイニングによって行っています。

マイニングについてはこちら

専門用語なしで解説!!初心者でもわかるマイニング

 

マイニングには、多大な電力やハイスペックなコンピューターが必要であるため、とてもコストがかかり簡単に51%を占めることなどできません。

しかし、このコストは通貨ごとに大きく変わります。

 

コスト確認方法

「Crypto51」というサイトを見ます。

通貨ごとの51%攻撃を1時間行うために必要なコストが一覧にて確認できます。

参考 Crypto5151%攻撃のコストを確認

 

このように表示されます。

左から「通貨名」「通貨単位」「時価総額」「アルゴリズム」「マイニング速度」「51%攻撃にかかる1時間あたりのコスト」「NiceHashサービスが占有している割合」です。

これらのリアルアイムな情報が一覧となって表示されます。

 

 

結局、51%攻撃できるのか

ポイント1

まず、注目してほしいのが「51%攻撃にかかる1時間あたりのコスト」です。

例えば、ビットコインだと$317,559なので、日本円にすると3500万円ほどです。(2019年1月10日現在)

 

51%攻撃を受けたイーサリアムクラシックは$4,700なので、日本円で約50万円です。

イーサリアムも見てみます。$101,310なので、日本円で約1100万円です。

 

1時間にかかるコストが50万円と1100万円と大きく差があります。

単純にコストで危険度を表せるということではありませんが、コストが安い方が51%攻撃を仕掛けやすいと考えることができます。

 

ポイント2

次に「NiceHashサービスが占有している割合」について解説します。

NiceHashとは
仮想通貨のマイニングに用いられるハッシュパワーといった処理能力を売買する仮想通貨マイニングのマーケットプレイスです。

ハッシュパワーとはマイニングを行う上で必要な計算能力のことです。

 

つまり、51%攻撃に必要なマイニング力を買うことができます。

もちろん全てのマイニング力が買える訳ではありません。買えるのは売りに出ている分だけ。

NiceHashが占有している割合が高いということは、買えるマイニング力が多いということです。

 

現在、イーサリアムクラシックは96%、イーサリアム は4%です。

 

 

まとめ

イーサリアムとイーサリアムクラシックでは、51%攻撃に対する耐久性が違うということがわかったと思います。

注意していただきたい点は「イーサリアム クラシックが被害に合うならイーサリアムも同じように危険!」でも「イーサリアムは100%大丈夫!」でもないという点です。