女子による暗号資産の情報サイト

イーサリアムの大型アップデートが延期、リエントランシー攻撃への脆弱性発覚

イーサリアム財団は 本日午前7時前後、
17日(水)に実施予定していたイーサリアムの大型アップグレード、「コンスタンティノープル」に脆弱性が発覚したため、延期を発表しました。

脆弱性として挙げられたリエントリー攻撃は、スマートコントラクト監査団体のChainSecurityの公開した「コンスタンティノープルはリエントリー攻撃を可能にする」と題されたブログ投稿内での指摘により、発覚しました

これらの脆弱性は、まだアップグレードが行われていない現時点において未だ適用されていないため、心配する必要はありません。

延期をする上での対応としては、アップデート実行ブロックとして設定されていたブロック数7,080,000到達前に、ノード運営者(取引所、マイナー、ウォレットサービス提供者、等)がGeth、又はParityの最新版へアップデートするようを促しています。

なおイーサリアム保有者は、アップデート延期に際して何もする必要はありません。

合わせて読みたい

イーサリアム待望の大型アップグレード「コンスタンティノープル」近日実施 イーサリアムの大型アップグレードに伴う各仮想通貨取引所の対応まとめ