女子による暗号資産の情報サイト

【 雇用の未来 】 あと10年でなくなる仕事

 COIN

 

人間が行う仕事の約半分が機械に奪われる—

そんな衝撃的な予測をするのは、英オックスフォード大学でAI(人工知能)などの研究を行うマイケル・A・オズボーン准教授です。

オズボーン准教授が、同大学のカール・ベネディクト・フライ研究員とともに著した『雇用の未来―コンピューター化によって仕事は失われるのか』という論文が、いま世界中で話題になっています。

2013年 マイケル・A・オズボーン准教授の論文「雇用の未来

 

米国労働省のデータに基づいて、702の職種が今後どれだけコンピューター技術によって自動化されるかを分析した結果、今後10〜20年程度で、米国の総雇用者の「約47%」の仕事が「自動化されるリスクが高い」という結論に至りました。

以下は、今後消える・なくなるであろうと予測される仕事です。

• 銀行の融資担当者
• スポーツの審判
• 不動産ブローカー
• レストランの案内係
• 保険の審査担当者
• 動物のブリーダー
• 電話オペレーター
• 給与・福利厚生担当者
• レジ係
• 娯楽施設の案内係、チケットもぎり係
• カジノのディーラー • ネイリスト
• クレジットカード申込者の承認・調査を行う作業員
• 集金人 • パラリーガル、弁護士助手
• ホテルの受付係
• 電話販売員
• 仕立屋(手縫い)
• 時計修理工
• 税務申告書代行者
• 図書館員の補助員
• データ入力作業員
• 彫刻師
• 苦情の処理・調査担当者

• 検査、分類、見本採集、測定を行う作業員

• 映写技師

• カメラ、撮影機材の修理工

• 金融機関のクレジットアナリスト

• メガネ、コンタクトレンズの技術者

• 殺虫剤の混合、散布の技術者

• 義歯制作技術者

• 測量技術者、地図作成技術者

• 造園・用地管理の作業員

• 建設機器のオペレーター

• 訪問販売員、路上新聞売り、露店商人

• 塗装工、壁紙張り職人

 

身近に感じる自動化

海外やSNSでは自動化を身近に感じる場面もあります。

それまで人がこなしていた作業を機会がこなす物珍しさに「わあ、すごい!」なんて感心したりしますが、同時に危機感も感じます。

 

技術革新による働き方の変化

技術革新やインターネットの発展によって、GoogleYahoo楽天Amazonなど多くインターネット企業が台頭し、多くの仕事を飲み込んでいきました。

わかりやすい例でいうと、Amazonの登場で街から本屋が次々と消え去っています。本屋は21,495 店(2000年)から、13,488店(2015年)と、たった15年で「約40%」が消え去ってしまったのです。

手元のデバイスであらゆる情報へのアクセスが可能になった消費者は「より安く、賢く」購入することを求め、行動も変化しました。家電量販店の最大手であるヤマダ電機ですら、一時41億円の赤字に沈む状況に陥ってしまいました。

 

日頃 暗号資産にどっぷり浸かっている私たちは「ブロックチェーン」の誕生により、働き方のみならず、生活や価値観までも変わると考えています。

 

新しいチャンス

将来「消える職業」「なくなる仕事」はもっとあります。
わずか30年前から現在までも、消える職業、なくなる仕事はたくさんあります。

でも、新しい仕事も現れる。 

実はこの「雇用の未来」、悪いことばかりではないのです。なぜなら、大きな変化があるときには、同時にチャンスも生まれています。

たとえばインターネットの登場は、書店を飲み込んだ一方で、Amazonというスター企業を生み出しました。他にも、任天堂を一時赤字にまで追い込んだスマホゲームで、モバゲーはプロ野球球団を持つ大企業に成長しました。時代の変化をうまく読んでビジネスを成功させた企業です。

新しいことを知りもせず拒絶するのは、勿体ないことなんですね。

 

本日は、マイケル・A・オズボーン准教授の論文「雇用の未来」をご紹介しました。未来がどうなっても、稼ぐ力を持っている自分でいましょう。

合わせて読みたい

暗号資産(仮想通貨)投資どうすればいい?勉強法まとめ