女子による暗号資産の情報サイト

アルゼンチンの公共交通ICカード ビットコインでのチャージが可能に

アルゼンチンの公共交通機関のICカードであるSUBEカードが、暗号資産(仮想通貨)ビットコインでチャージできるようになったと、暗号資産ニュースサイトのコインテレグラフ・スペインが伝えました。

SUBEカードは国内でいうSuicaやTOICAなどと同じように、アルゼンチン内のバスや地下鉄、鉄道で使用できます。

今回、SUBEカードのチャージに使用されるプラットフォームを手掛けるアルト・ビアヘが、ブロックチェーン技術を用いた金融サービス企業のBitex(ビットエックス)社と提携しました。

これにより、アルト・ビアヘのウェブサイトから、ビットコインをSUBEカードにチャージし、使えるようになりました。

SUBEカードは、アルゼンチンの37地域で700万人以上の利用者がいるとのことです。

アルト・ビアヘはこれまでに米決済サービスのペイパルやアルゼンチンの電子決済システムのラピパゴと提携しています。そこに今回、ビットコインをチャージできるシステムを導入したかたちとなります。

ビットコインへのアクセスを幅広く持つことで、より人々に暗号資産が浸透していくことが期待できます。

ポイントは、交通系ICカードという日常生活の中で暗号資産が使えるということです。

こういったサービスが世界中で提供されることで、暗号資産が様々なシーンで使える未来が近づいています。