女子による暗号資産の情報サイト

【国内】暗号資産(仮想通貨)取引所の使い方!9社 総まとめ

国内の暗号資産(仮想通貨)取引所の登録方法・使い方をまとめました。目次よりお探しの取引所を選択できます。お探しの取引所が国内か海外かお分かりになられない場合は、検索バー より「取引所名」を検索してお探しくださいませ。

c0can取引所(コバン)

株式会社LastRootsが運営する暗号資産取引所。取り扱い通貨は独自通貨c0ban(コバン/RYO)のみで、ビットコイン(BTC)など主要通貨の取り扱は未定。(2019年12月現在)

【金融庁認可】c0ban(コバン)取引所【口座開設方法】

GMOコイン(ジーエムオーコイン)

東証一部上場企業であるGMOインターネットグループが運営。入出金手数料は無料。新規口座開設で20,000Satoshi(0.0002BTC)プレゼント!

5分でできる!仮想通貨(暗号資産)取引所【GMOコイン】口座開設方法

DMM Bitcoin(ディーエムエムビットコイン)

仮想通貨交換業者 関東財務局長 第00010号の交換所ライセンス取得企業で、2018年 取引所で相次いだ業務改善命令を受けていない取引所の一つ。

5分でできる!仮想通貨(暗号資産)取引所【DMM Bitcoin】口座開設方法

DeCurret(ディーカレット)

国内大手19社が支援するDeCurret(ディーカレット)は暗号資産の交換だけではなく、決済システムを想定し、Suicaなどの電子マネーに交換できるサービス提供を目指す。

話題の暗号資産取引所DeCurret(ディーカレット)に登録〜お得なキャンペーン情報も💗〜

Houbi Japan(フォビ ジャパン)

グローバル展開している暗号資産取引所Huobiグループの日本ブランド。元々国内で運営されていた金融庁認可済の「ビットトレード」という取引所を買収、2019年1月からサービスを開始している。

【Huobi Japan】暗号資産取引所フォビジャパンの新規口座開設方法

bitbank(ビットバンク)

暗号資産取引量国内No.1の取引所。(2018年9月21日CoinMarketCap調べ)オフラインのコールドウォレットを採用しておりハッキング対策も万全。

スマホで簡単!国内暗号資産取引所【bitbank】ビットバンク新規口座開設方法 ビットバンク口座開設 ビットバンク入金方法 ビットバンク買い方売り方

BITMAX(ビットマックス)

LINE株式会社のグループ会社であるLVC株式会社が運営する暗号資産取引所。国内で月間8,100万人以上が利用する「LINE」上の「LINEウォレット」タブからアクセスでき、暗号資産取引が未経験の方でもセキュアで簡単に使える。2019年9月17日よりサービス開始。

LINE:暗号資産取引サービス「BITMAX」スタート❗口座開設方法も💗 LINE:暗号資産取引サービス「BITMAX」入金&取引方法💗

bitFlyer(ビットフライヤー)

国内最大手と言ってもいい販売・取引所。ビットフライヤー経由でサービスを利用するとビットコインがもらえるというサービスを展開している。

祝!bitFlyer(ビットフライヤー)新規口座開設受付再開! ビットコインの買い方・取引所の使い方

楽天ウォレット

大手企業楽天による暗号資産取引所。楽天ユーザーにとってはメリットが多いと言える。開設には、楽天会員ユーザーIDと楽天銀行の口座が必要。2019年8月19日よりサービス開始。

楽天ウォレット、暗号資産サービス開始❗簡単💗口座開設方法

 

併せて読みたい

【仮想通貨(暗号資産)取引所はどこを使えばいい?】金融庁認可の国内取引所一覧 【暗号資産(仮想通貨)取引所】取扱いコイン一覧! 【資産を守る!】仮想通貨(暗号資産)のウォレットとは?目的別に解説