【ICO追跡してみたっ】メディカルビット(MBC)がASCAトークンとして上場決定!

エストニアでICOを行っているメディカルビット財団と、事業会社である日本メディカルソリューションズ株式会社は「Asclepius Network(アスクレピオス ネットワーク)」プロジェクトの第一歩として、「ASCAトークン」の上場を決定しました。

Asclepius Networkは、最先端の医療を世界中の誰もが利用できるようにすることを目指しているプロジェクトです。

 

今回、上場に伴い最後のMBC特別販売セールが開催されます。

 

なんと、ボーナスは最大30%!!

 

MEMO
ASCAトークンは、上場後に取引所から購入するか、MBCから交換することにより入手できます。
詳細は『MBC保持者のメリット』にて記述しますが、MBCからの交換の方がレートが良いため、お得に手に入れることができます。

 

メディカルビットについて

メディカルビット財団は、エストニア共和国の法人で、プロジェクトの開発資金管理を行っています。

プロジェクトの事業実施は日本法人のJpMedsn(日本メディカルソリューションズ 株式会社)が行っています。

 

月刊仮想通貨 Vol.3に紹介された実績もあり、仮想通貨業界でも注目のICOです。

 

プロジェクト概要

現在抱えている医療業界の問題

今日、「知識の格差」によって医療の提供に不平等が見られます。

医師は、膨大な数の疾患や薬の知識を習得する必要があります。これは、より広範囲の病気を治療しなければならない発展途上国の医師にとって厳しいものでしょう。

人工知能(AI)やオミックスなどの医療分野での着実な進歩がある一方で、医学書をあさる医師も少なくありません。

このプロジェクトは、こういった格差をなくし、世界中のどこにいても最先端医療の恩恵を受けることができる医学の世界的ネットワーク構築を目指します。

 

親和性が高い「医療×ブロックチェーン」

暗号資産を支えるブロックチェーン技術は、医療分野への応用も期待されています。

現在、患者のカルテや過去の診断結果などのデータは別々に管理されています。個人情報を含むこれらの医療記録は、決して偽造されてはいけません。

ロックチェーン技術はそれらの情報を統合し、強固なセキュリティで保護します。また、検査結果がどのような過程で管理・提供されているのか個人で管理することも可能となります。

 

最先端の医療情報プラットフォームの開発

医療機関や医師間、製薬会社と正確な情報を共有し、グローバルな医療情報プラットフォームを提供します。

そのひとつがiMedsn(アイメディスン)です。新世代電子カルテは、今までかけていた労力をなくし、医療分野におけるさらなる効率化を可能としています。

ぜひ、動画をご覧ください。

 

 

このプロジェクトのひとつである「iMedsn」というシステムは、紙で管理していた患者情報や資料、本などを必要としません。

必要なのはパソコン一台のみです。操作性が高く、診察を行っているその場でカルテの入力から薬剤のオーダーまでが完了します。

症状を選択すると推奨処方が検索でき、最新の医薬品情報や他の医師から提供される知識をその場で見られる医療知識の集約システムです。

 

MBCを保有すると何がいいのか?

プロジェクトスキーム

  • ユーザーは、MBCにて診察費用(自己負担分)を支払うことができます。
  • ユーザーの希望に応じて一定額のお支払い金額(円)に相当するMBCコインを受け取ることができます。
  • 医療従事者は、MBCにてiMedsnの使用料を支払います。
  • 一定の割合のiMedsn使用料に相当するMBCコインを償却し、発行総額を削減します。

 

iMedsn健康アプリ

MBCの開発元、JpMedsnは医療や介護向けソリューションの企画やシステム開発、iMedsn健康アプリをリリースしています。

このアプリは、診療所の医療情報と連携します。

自動薬用ノートの機能から始めて、処方箋記録からジェネリック医薬品に関する情報を閲覧することができ、その医療記録の検査情報に基づいて、患者にとって必要と思われる医療情報コンテンツを正確に配信できます。

さらに、薬を服用する方法と健康についての知識を「健康サポートビデオ」を見ることができます。

 

関連特許

Asclepius Networkは、上述した健康アプリの開発や電子カルテのα版リリースなどを完了しており、技術面では 6件の特許も取得しています。(画像は一部)

この他にも関連特許取得を進めています。

 

ASCAトークン

保有し続けるだけでステーキング

ステーキングとは?
コインを保有することで報酬をもらうこと。
配当をイメージするとわかりやすいです。

 

当初 MBC を購入した方だけの特典として非常に有利な条件で ASCA を持つことができ、そのままホールドすることでステーキングできます。

(※1) MBC 保有者は当初の交換権利分の ASCA に対して、ASCA 上場月の翌月より、毎月の基準日に 0.8%(12月のみ 1.2%)をウォレットへ付与します。(MBC 全額保有時は年間 10% 相当分)

  • 購入時のレートは GMT にて基準日を決め、その時点でのドルに換算。
  • MBC と同価値額の ASCA も同時に発行。
  • トークンスワップ(交換)の権利が行使されるまで、ASCA はメディカルビット財団が管理。

 

国連活動の支援に参加可能

MBC をホールドすることで国連活動を支援するプロジェクトへ参加できます。

 

市場価値が上がると…

ASCA の市場価値が上がることで、以下のようにメリットがある可能性があります。

 

  • MBC を保有している限り、1 年に換算して交換権利分の 10% 相当分のASCA を付与。
  • ASCA の時価価値が上がるほどメリットに。
  • 毎月付与される ASCA は毎月の基準日時点で保持している MBC を基準に計算。

 

ASCAトークン上場情報

 

TopForceは、50以上のアルトコインを扱う注目の暗号資産取引所です。

 

MBCはASCA上場前日の3月20日(水)23:59までの販売がラストチャンス。

ASCAトークンはMBCからのトークンスワップ(交換)で有利に手に入れる他は、取引市場を通じての売買でしか取得はできません。

 

MBC保有者のメリット

MBC購入時のボーナス

ASCAトークンのトークンスワップ(交換)元のMBCは早期購入でボーナスが付きます。

早期購入の特別ボーナスについて

●購入ボーナス30%

3月2日(土) 0時~ 3月8日 (金) 23:59

 

●購入ボーナス20%

3月9日(土) 0時~ 3月15日(金)23:59

 

●購入ボーナス10%

3月16日(土) 0時~ 3月20(水) 23:59

 

 有利な交換レート

上場時の取引レートは1ASCA=10¢(セント)での取引を基準にします。

MBCからのトークンスワップは1ASCA=8¢(セント)換算で交換する権利が与えられます。

(交換レート時の¢(セント)の基準は上場時のレートを基準とします。)

 

つまり、20%割引されるということです!

 

ステーキング

MBC保有者にはMBCからASCAへのトークンスワップ(交換)の権利があります。

この権利を行使せずに引き続きMBCトークンを保有し続けると、ASCA上場月の翌月よりステーキングによるASCAトークンを受け取ることが出来ます。

MBC保持数のトークンスワップ(交換)権利分のASCAトークンの年10%相当のステーキングがあります。

これは1月~11月の基準日の権利分の残高に応じた、0.8%、12月のみ1.2%のASCAトークンをステーキングです。

 

MBC特別販売ページはコチラ

以下は期間中特別販売ページです。
期間に関わらず最⼤ボーナスが付与されます。
https://www.medicalbit.ee/member/newReservationForm.php

 

MBCはASCA上場前日の3月20日(水)23:59までの販売がラストチャンスです!

 

◆お問い合わせ窓⼝
info@medicalbit.io

◆ICO 実施会社: MEDIC

◆ICO 実施会社: MEDICALBIT FOUNDATION OÜ
Harju maakond,Tallinn,Kesklinna linnaosa,Narva mnt 5, 10117
◆MBC URL https://www.medicalbit.ee/
◆ASCA URL https://www.asclepius.network/
◆プロジェクト委託会社: Japan Medical Solutions Co., Ltd.
Nihonbashi Ningyocho Ishii Building, 9F, 3-1-17 Ningyou-tyou Nihonbashi, Chiyoda-ku,Tokyo
◆JPM URL http://www.jpmedsn.com/