女子による暗号資産の情報サイト

国民年金は少ない!2年間の受け取りで元がとれる「付加年金」とは?

公的年金制度の中でとてもお得な制度があります。

 

付加年金!!

掛金に対して将来もらえる年金額が手厚く「コスパのいい制度」です。

2年間年金を受給すれば支払った保険料の元が取れて、それ以降の年金は全部利益になります!

 

そんなお得な年金の制度「付加年金」を紹介します。

自営業やフリーランスの方、必見❤️

 

付加年金とは?

第1号被保険者を対象とした独自の上乗せ年金で、月額400円の付加保険料を国民年金の保険料に追加して納付します。

掛金……………………月400円

もらえる年金額………掛けた月数×200円

20歳から60歳までの40年間、付加保険料を納めた場合

200円 × 480ヶ月= 96000円

1年間に受給する年金額に「9万6000円」が上乗せされます。

 

ただし、付加保険料の納付対象者は先述のとおり第1号被保険者に限られます。

また、第1号被保険者でも国民年金基金に加入している人は対象外です。(国民年金基金の1口目にすでに付加年金が含まれているため。)

第1号被保険者

  • 簡単にいうと、厚生年金(会社から天引きされる年金)じゃない方の年金
  • 自営業者・フリーランス・農業者・学生など
  • 日本国内に住所を有する60歳以上65歳未満の任意加入被保険者を含む

 

本当に2年で元が取れるのか検証

月額400円の付加保険料の納付に対して、付加年金の受給額は月額200円ですので、計算上は受給開始から2年間以上が経過すれば、元が取れることになります。

老齢基礎年金の受給期間が長くなればなるほどお得になります。

代表例として1年間と40年間のシミュレーションを載せておきます。

付加保険料を1年間納付した場合

平均寿命の85歳まで生きると21600円お得
(1200×20-2400=21600)

めでたく100歳まで生きると39600円お得
(1200×35-2400=39600)

 

付加保険料を40年間納付した場合

平均寿命の85歳まで生きると約172万円もお得
(96000×20-192000=1728000)

めでたく100歳まで生きると約316万円もお得
(96000×35-3360000=3168000)

 

みなし辞退の廃止

付加年金がお得すぎるからか、加入を継続するためのルールは厳しいものでした。

 

みなし辞退
納付期限までに納付しなかった場合は、付加保険料支払いの辞退を申出たものとみなす。

この「みなし辞退」が平成26年の法改正により、なくなりました。

 

ねんきんダイヤルは混み合うようなので、お住いの市町村の相談窓口が便利です。

都道府県と地区を選ぶと、電話番号が表示されます。

参考 全国の窓口日本年金機構

 

まとめ

年金って本当にもらえるの?という疑問、支払った額より受給額の方が少ないんじゃないの?という不安、とてもよくわかります。個人的には、支払わない策を講じるのも一興だと思っています。

しかし、国民年金を支払うことになった場合は、ついでに付加年金を納めることを強くオススメします。

 

関連記事

老後はいくら必要?年金はどのくらいもらえる?心配だから調べてみた!