女子による暗号資産の情報サイト

【バイナンス】5万BNB(約1億3600万円分)山分け!イベント参加条件は?

世界最大の暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスは15日、システム・アップグレードを完了しました。

現在、全ての取引を再開しています。

 

今回のアップデートについて

バインアンスは先週に巨額ハッキングにあって以降、入出金を停止していました。

15日正午に始まったアップグレードにてトレーディングも停止していました。

 

ハッキングのニュースはこちら

【取引所バイナンス】7000BTC(約44億円分)のハッキング被害!

 

BNB(バイナンスコイン)山分け!?

バイナンスは、「バイナンス・コミュニティーへの感謝のしるし」として、5万BNB(約1億3600万円分)の無料配布を行うことを発表しました。

 

公式サイトに以下のように記載されています。

All users with valid trading volume of 1 BTC or more (buy & sells) across any trading pairs on Binance during the promotion period will split a pool of 50,000 BNB.

プロモーション期間中にBinanceの取引ペア間で1 BTC以上の有効取引量(売買)を持つすべてのユーザーは、50,000 BNBのプールを山分けします。

 

つまり

日本時間5月15日22時~18日9時までの間

  • 1BTC以上を持つユーザー
  • それ以上の取引を行ったユーザー

に5万BNBが分配されます。

 

まとめ

バイナンスコインの山分けイベント嬉しいですね❤️

とはいえ、暗号資産初心者には、なかなかハードルが高いかもしれません。

取引所停止により迷惑をかけた人がターゲットということでしょう。(初心者は1週間取引停止くらいでは影響はない。)

 

ハッキング被害を受けたことに対して、セキュリティーが脆弱でないかと問題提起する人をインターネットなどでお見受けしますが、前回の記事にも書いた通り、ハッキングを防ぎきれないのは仕方ない部分があります。

 

そもそも「絶対に防げる自信があるので、補償はない。必要ないから。」と「頑張るけれど、万が一の場合は補償する。」と言われたとき、どちらが良いのでしょうか。

 

バイナンスは、被害を補償しました。しかも、お詫びの品付き。

このことで、むしろ評価をあげる結果になったと思います。

 

とはいえ、コインチェックはいまだに、かつての勢い(人気)を取り戻せていませんね。

ハッキング被害に対する世論は厳しい…。

 

無冠でも羽生さんが「将棋界最強」だと思っているくらいだし、私の感覚の方がズレているのかもしれませんね。(数回負けたくらいで揺るがなくない?)