女子による暗号資産の情報サイト

【国税庁】暗号資産(仮想通貨)課税逃れ対策の専門チームを発足

国税庁は、「ネットを介して個人が得た収入に適正に課税することを目的」として、専門のプロジェクトチームを今年7月に発足することが明らかになりました。

無申告や過少申告による課税逃れを防止するために、全国の国税局や事務所で「計200人規模の専門チーム」で情報収集の強化に当たるとのことです。

専門プロジェクチームの対象には 暗号資産(仮想通貨)も含まれており、仮想通貨交換業者などから情報収集し、申告漏れの防止につなげるとのことです。

総額100億円の申告漏れ

暗号資産(仮想通貨)の税金関係では、東京国税局の調査部門が「暗号資産(仮想通貨)取引で総額100億円の申告漏れを指摘した」ばかりです。

対象として上がったのは、個人と法人で80件にのぼります。

国税庁が公表した2017年分の確定申告では、暗号資産(仮想通貨)を含む雑所得が「1億円以上ある」と申告したのは、「549人」、2018年分の確定申告では、「271人」とのことです。

天使たん

取引による利益は、所得税法上の「雑所得」となり、一般的なサラリーマンの場合だと「年間20万円」を超えると確定申告が必要になるよ。

さやまる

暗号資産って、取引の「実態」が見えにくいから、税務申告しないケースがあるみたいだね。

ねこやん

なんやて!

今後利益の計上も増加か

2019年に入り、下落トレンドにあった暗号資産(仮想通貨)市場が上向いてきたことから、価格水準が維持されれば、より多くの利益を計上する投資家が増加する可能性もありますね

これまで税金逃れの摘発対象は多くは、多額の利益を上げた「個人や企業」からのものでしたが、専門プロジェクトチームの発足により、その対象はより「幅広いものとなる可能性」がありますね。

参照:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO45719000V00C19A6MM8000/

まとめ

暗号資産(仮想通貨)は、投資方法やタイミングによっては、多くの利益を手にできる可能性を秘めています。

多額の利益を得ると財産は増えますが、その分、税金の負担も増加することが注意点です。

暗号資産(仮想通貨)投資を行って大きな利益を上げることを目指す場合は、あらかじめ税金に関することも理解しておく必要がありますね。

 

暗号資産の税金について勉強する

【計算方法も公開】意外と安い?暗号資産(仮想通貨)の税金解説!! 藤巻健史議員が【仮想通貨税制を変える会】を発足!! 【記事紹介】「なぜ暗号資産の税制を改正すべきなのか?」藤巻健史議員インタビュー