女子による暗号資産の情報サイト

Bakkt (バックト) 先物取引、7/22テスト開始か?!

こんにちは!初めまして。SAYOSAYOです。

皆さんへ有益な情報をお届けできるよう、国内・海外、共にアンテナを張り巡らせていきたいと思います。どうぞ宜しくお願いします。

さて、今回は、Bakktのビットコイン先物取引についてです。

以前より、度々話題にあがってはいたものの、なかなか実現されてきていませんでしたが、先日BakktのCOO Adam White氏がツイッターで、“7月22日にユーザーテスト開始” という具体的な日時について触れたことで、再度期待が高まっています。

Bakktとは?

アメリカで複数の金融商品取引所を運営するICE(インターコンチネンタルエクスチェンジ)が昨年8月に設立した、暗号資産 (仮想通貨)を活用したサービスを提供するための新会社。

期待される影響とは?

  • NY証券取引所の親会社であるICEのプラットフォームで取引が行われる点
    (=> ウォール街などの金融投資家の利用につながる)
  • 日間の現物先渡し先物取引を提供するため、実質的な現物取引のBTC取引が可能になる
  • 不正取引を排除した透明性の高い仮想通貨金融商品が取引される
  • 指数提供なども行なっているICEのシステムを利用した派生金融商品の開発も活発になる可能性
  • 第二フェーズ以降に控える、ビットコイン決済へ一歩進む
    (スタバ、マイクロソフトなどと共同)
予定されている7月22日が、かつてアポロ11号が月面着陸した日(1969年7月20日)から50周年の2日後ということもあり、これは、もしや ”To the moon” ムーン(爆上げ)の予兆かも?!

とはいえ、CFTC (米商品先物取引委員会) が正式にBakkt認可判断をしたわけではないので、大きな期待を込めつつも、今後の展開に注目です。