Binance (バイナンス)がBTC(ビットコイン)を担保にしたペッグ通貨BTCBを発行(追記あり)

はじめまして!

この度コインキャッツのメンバーになりました、まりにゃんです🐱

わかりやすくお伝えできるよう心がけていきます、ぜひご覧ください^^

まりにゃん

まず、今週のBTC(ビットコイン)、ETH(イーサリアム)、XRP(リップル)の価格です

BTC 1,004,374

ETH 29,122

XRP 46.701

今週はBTC価格が100万円を超えました!

 

 

 

今回はBinance (バイナンス)が発行したBTCBというコインについてです。

バイナンスがビットコインを100%担保にした、独自の暗号資産(仮想通貨)「BTCB」を発行しました。

BTCBとは?

BTCBとはバイナンスが開発したBinance Chain(バイナンスチェーン)という独自ブロックチェーンを利用した通貨で、バイナンス及び分散型取引所であるBinance DEX(バイナンスデックス)で取引ができます。

BTCBの特徴はなんといっても、ビットコインを100%担保にしたペッグ通貨(ビットコインとの価格が固定されている)ということです。

バイナンスの公式アナウンスによると、まずは9,001BTCBを発行。担保となるBTCを保管しているアドレスも公開しています。

 

 

Binance DEX とは?

バイナンスが運営する分散型の取引所で、この取引所内では独自に開発したバイナンスチェーンというオリジナルのブロックチェーン上で発行された通貨のみ取引が可能です。

つまり、イーサリアムやリップルなど、他のブロックチェーンとの互換性がありません。

そのため、DEX内でBTC建の通貨を利用するために、BTCとのペッグ通貨が生まれたというわけです。

 

Binance DEXを利用するメリットは?

    1. 取引手数料が安い。BNB(バイナンスコイン)保有者はさらにお得になるようです。

    2. 分散型。ウォレットからウォレットへの取引なので、第三者が介在することがありません。

    3. 安全なセキュリティーで安心して使える。資産をブロックチェーンアドレス上にプライベートキーで保管するので、ご自身のみで資産をコントロールできます。

    4. 使いやすい。ウォレットを作成し、ウォレットのロックを解除して、トレードを開始するだけ。面倒な入金や出金作業をする必要がありません。

    5. スピーディー。独自ブロックチェーンを採用しているため、取引は瞬時に行われます。

 

Binance DEXのはじめかた

  1. ウォレットの作成。バイナンスチェーン上に自身のアドレスを作成します。
  2. ウォレットのロックを解除します。解除の方法は4つ、ウォレットコネクト、レジャーナノウォレット、キーストアファイル+パスワード、Mnemonic。
  3. 資産を移動させる。バイナンスチェーンがサポートしている資産を自身のアドレスに移動させる。バイナンスで購入したBNB(バイナンスコイン)やバイナンスで購入したBTCBなどを送ります。
  4. 取引開始。注文やキャンセルのオーダーができます。

 

ただし注意点!

せっかくここまでお伝えしたのですが、7月1日から日本からのアクセスができなくなります。

大きな注目を集めているBinance DEXなのですが、残念ながら日本は対象から外れています。サイトにアクセスするとこのように表示されて7/1からはアクセスができなくなります。

※追記(7月1日更新)
7月1日からアクセスできなくなる予定でしたが、9月12日へ延期されたようです
まだ使えるようなので、ひとまずよかったですね!

 

併せて読みたい

【Binance】世界最大規模の暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス、登録方法や手数料について 世界最大級の仮想通貨取引所バイナンスCEO「2018年は修正の年」と発言、来年以降に期待 【Binance(バイナンス)ハッキング被害】から学ぶこと~自分を守れるのは自分だけ~