女子による暗号資産の情報サイト

2分で分かる IEO(Initial Exchange Offering)!新しい資金調達?

暗号資産業界では、ブロックチェーン・プロジェクトが資金を調達するには「ICO(Initial Coin Offering)」が一般的です。

ただここ最近は「IEO(Initial Exchange Offering)」と呼ばれる資金調達を耳にすることが多くなりました。この記事ではIEOについて分かりやすく解説します。

IEOとは?

IEOはトークンの販売・配布を、プロジェクトが特定の取引所に委託して行う資金調達のことをいいます。

具体的にはまず、プロジェクトがトークンを発行します。次に発行したトークンを取引所に送ります。そして取引所は受け取ったトークンをリストして、投資家に販売・配布します。当然投資家がIEOに参加するためには、取引所のアカウントを作成する必要があります。IEOが始まると、投資家は取引所からトークンを直接購入することができます。

なぜ注目されている?

こねこ

今まではICOが一般的だったのに どうして今はIEOが注目されているの?

ねこせん

IEOは 従来のICOの問題点を解決できるからさ

従来のICOの問題点

従来のICOは、一定の審査が設けられているわけでもなく誰でも比較的容易にトークンを発行してプロジェクトの立ち上げが出来ることから、本物のプロジェクトと詐欺的なプロジェクトとが混合してしまいます。これにより、詐欺まがいのICO案件が多発し投資家やユーザーの信用性の過失や、安全性の保証ができにくくなっています。

現在 ICOで最も重要な部分は「投資家・ユーザーの安全面」であり、そこに焦点が当たった資金調達方法がIEOなのです。

IEOでは予めプロジェクトが取引所に申請を出し、トークンをその取引所で扱えるようにします。その際にはもちろん取引所の審査があるため、すぐに詐欺的だとわかるプロジェクトはそもそも取引所に上場させることができません。

このように、取引所による審査によってプロジェクトへの判断基準が生まれることより詐欺的なプロジェクトが出現しづらいといえます。またプロジェクト側は、ICOが禁止されている国(中国など)の巨大マーケットを取り込める可能性があり、取引所側はIEOまたは上場の手数料や新しいユーザを獲得できる可能性など、双方に多くのメリットがあります。

 

取引所

信用問題に関わるのでしっかり審査します

ねこせん

プロジェクトへの判断基準があるから今までのICOより安心だね

IEO「Binance Launch PAD」の成功事例

最近ではIEOとして、世界トップの仮想通貨取引所として名高い取引所Binance(バイナンス)が2019年1月、プロジェクトのトークン販売プラットフォームとして「Binance Launch PAD(トークンローンチパッド)」を発表しています。

そしてBinance Launch PAD(トークンローンチパッド)は、第1弾目となるトークンセールにて仮想通貨BitTorrent(ビットトレント)を販売し、わずか約14分間で23.76億BTT(約700万ドル)の販売に成功。さらには、第2弾目のローンチパッドでは仮想通貨Fetch.AI (FET)が第1弾目を上回る、約22秒間で完売しているのです。

このように23.76億BTTものトークンがわずか約14分間、仮想通貨Fetch.AI (FET)が約22秒間で販売完了し、成功という結果に終わった背景には、仮想通貨取引所バイナンスがこれまで投資家やユーザーから多くの信用性や安全性の確保していたからなのです。
また、この信用性や安全性の確保のためにバイナンスは事前に本人確認審査(KYC)を行い、詐欺まがいのトークンやプロジェクトを未然に防いでいます。

ねこせん

争奪戦やないかい!

IEOの参加方法

IEOに参加する方法はとても簡単です。
ほとんど通常の仮想通貨を買う手順と同じですので、ICOに参加することに比べて投資家の負担は少なそうです。

1. IEOをホストする取引所を特定する
2. KYC(本人確認)を経て取引所に口座を作成する
3. 口座に必要な投資する資金を送金する
4. IEOが始まりリストされるのを待つ

ねこせん

取引所開設→入金して待つのね

 

まとめ

IEO について分かりましたか?
ラッキーなIEO情報を入手したときのためにも、大手海外取引所の口座開設は済ませておくことをおすすめします❤️
【CoinBene】世界第5位の暗号資産(仮想通貨)取引所コインベネの登録方法 【Binance】世界最大規模の暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス、登録方法や手数料について