中国&日本共同プロジェクト【Keiba Coin】始動!

最近勉強のために暗号資産やブロックチェーン関連のミートアップやセミナーに行っています。

どのプロジェクトも画期的で面白みがあって、何よりプロジェクトリーダーの方々が精力的でとても勉強になることばかりです❤️

中でも、ワクワクする!参加したい!と思ったプロジェクトがあるので、今回はそのお話をしたいと思います。

それは、中国と日本で共同プロジェクト【Keiba Coin】です!!

どんなプロジェクトなんでしょうか?

Keiba Coinとは?

一口馬主クラブを作り、一口馬主システムをブロックチェーン化し、中国を中心に世界で展開していくというプロジェクトです。

これは日本でも中国でも聞いたことがない、世界初の試みです。

またICOはせず、IEOでの上場を目指しています。

特徴① 競馬が展開されない国の人でも馬主になれる!

Keiba Coinプラットフォームを通じて、中国、インドや東南アジアなど競馬が展開されていない国の人々も馬主として競馬を楽しむことができます!

また、日本の競馬ファンは海外の馬の馬主になることも可能になります。

特徴② 競走馬の所有権を商品として自由に取引できる!

世界初の競走馬所有権取引所を立ち上げ、Keiba Coinのスマートコントラクトを使って、取引を行います。

特徴③ 競馬ビジネスエコシステムを構築!

ブロックチェーン技術を活用し、競馬ビジネスエコシステムを構築します。

競走馬の生産、育成、売買、馬券購入など一連のビジネスを集約します。

一口馬主とは?

1頭の馬を共同所有して 気軽に馬主感覚

一口馬主とは、クラブと呼ばれる法人が、1頭の競走馬を40~500口程度に分割して出資を募集する形態の、擬似馬主システムです。

会員は所属するクラブの募集馬を選択して一口単位で出資を行い、さらにえさ代等の維持費を毎月口数に応じて支払う代わりに、レースで獲得した賞金のおよそ60~70%程度を口数に応じて受け取ることが出来ます。

中国競馬の現状

2018年4月に習近平国家主席は中国における競馬事業を解禁すると発表しました。

それまで中国の方々は、競馬に興味があっても競馬という娯楽が中国禁止されていたため、香港やマカオまで行かないとできなかったそうです。

その発表を受け、広州に広大な競馬場を建設しました(約8ヶ月で完成!)。

また中国海南省には世界一流の競馬場を建設し、海南省をスポーツギャンブル特区と指定し、関税などの優遇政策にて普及を促進することになりました。

Keiba Coinのここがすごい!

①プロジェクトメンバーがすごい!

暗号資産プロジェクト”ビットコインゴールド”の創業者であるジャック・リャオ氏が、このKeiba Coinプロジェクトの最高技術責任者です。

彼は2012年からブロックチェーン業界に参入し、ブロックチェーン業界のシリアルアントレプレナーとして、とても有名な方です。

MEMO
シリアルアントレプレナーとは、アントレプレナー(起業家)の中でも連続して新しい企業を立ち上げる起業家のことです。 ベンチャー企業を設立し、その事業が軌道に乗った段階で売却。 そしてまた新たなベンチャー企業を設立…というように、起業と売却を繰り返す斬新なビジネススタイルで活躍しています。

また、このKeiba Coinプロジェクトを立ち上げたエジソン・ヤン氏

彼は、日中友好を目的に行われた交換留学生制度にて、高校から来日。

日本語が全く話せなかったにも関わらず、猛勉強して現役で国立大学に合格した強者です。

卒業後は外資系コンサルティング会社2社でM&Aコンサルタントとしてキャリアを積み起業しました。

そして中国で競馬業界を牽引できるリーダーに選抜されています。

その他にも、華麗なキャリアを持つ方々がチームメンバーとなっています。

②Keiba Coinのコミュニティがすごい!

Keiba Coinプロジェクトは、競馬ファン、ギャンブルファン、トークンファンという3つのグループからユーザーを拡大することができます。

しかも世界中からです。

そのグループには既にたくさんのファンがいますよね。

ここからコミュニティを活発化することができます。

③収益モデルがすごい!

Keiba Coinプラットフォームは競馬に関する一連のサービスを提供することにより、安定的な収益モデルを実現できます。

賞金収入

クラブが所有する競走馬がレースに参加し、獲得賞金の5%はクラブの収入となります。

管理費

会員は一口馬主として競走馬に出資する際に、出資費用から15%の管理費用を支払います。

取引手数料

会員は自分が持っている一口馬主権をKeiba Coinプラットフォームで自由に売買できます。

Keiba Coinプラットフォームでは取引金額に応じて、手数料を取ります。

広告収入

各国レースの放送権を得て、会員向けにオリジナルプログラムを発信します。

プラットフォームの規模が拡大次第、スポンサー募集を行います。

まとめ

日本の競馬界では有馬記念、ダービー、宝塚記念など有名なレースがあります。

競馬ファンじゃなくても、このレースの時期になると必ずニュースで耳にすると思います。

それくらい、競馬ファンの人口が多く需要が高い娯楽だと言えます。

世界でも、パリで行われる凱旋門賞はとても高い人気を誇っています。

そんな競馬業界にブロックチェーンの技術を用いて参入するKeiba Coinプロジェクト!

これからどんなことになるのか・・・今から楽しみです。

 

説明会のお知らせ❤️

Keiba Coinプロジェクトのメンバーが説明会を行います。

プロジェクトへの熱い思いや詳細な情報を生で聞けるチャンスです。

最高技術責任者であるジャック・リャオ氏も登壇するそうです!

3/11 お知らせ
3/8、3/9に開催いたしました説明会は大盛況のうち終了いたしました。引き続きセミナーを開催しておりますので気になる方はLINE@よりご連絡ください。

セミナー日程はこちらから

Keiba Coinプロジェクト続報!

説明会のレポート記事はこちら

【 ジャック・リャオ登壇 】Keiba Coin プロジェクト説明会に行ってみた

中国競馬場視察の記事はこちら

中国競馬場視察&セレブレーションイベントへ出席しました❤️

ご連絡はLINE@まで