女子による暗号資産の情報サイト

クリプト冬の時代だからこそ! レンディングで安全・安定運用の「FUELHASH」は、元本保証!

 

こんにちは。COINCATS アカデミー1期生のサッキーです。

テキサスでは心配されていた寒波の影響もほとんど無く、無事にクリスマスを迎えることができました。
クリスマスが終わると大晦日に向かって、パーティの機会も増えるので大忙しです。

 

さて今回は、冬の相場でも稼ぐをテーマにお話していきますので、最後まで読んでいただけると嬉しいです。

ビットコインは最高値の約730万円から、現在は約230万円と価格が落ちてきていますよね。

バブルの時のように価格がどんどん上昇していく時は、そこに乗って利益をあげることも出来ますが、現在のような相場ではそれは難しいと思います。

ただし、冬はこたつとかの暖房器具を出して寒さに備えるように、暗号資産の相場でも冬には冬の過ごし方があります!

その1つが、今回ご紹介するFUELHASH(フエルハッシュ)さんの「クリプトレンディング」です。

「クリプトレンディングとは?」

サッキー

クリプトレンディングって何ですか?
クリプトレンディング(Crypto Lending)とは、ビットコインなどの暗号資産を貸し付けて金利を得られるサービスのことです。

コイニャン

サッキー

なぜ今このレンディングサービスが注目されているんですか?
提供している事業者にコインを預けるだけで良いので、
投資やトレードのスキルは必要がないから初心者でも始めやすいからなんです。

コイニャン

何と❗️😍

特にFUELHASHのクリプトレンディングは、日本のルールに則った方法で、なんと元本保証ありなので、初心者の方でも安心して始められるのではないかと思います。
ただ、最近はFTX事件の影響で、取引所にコインを置かずに個人のウォレットで保管しよう!という風潮があるので、他社に資産を預けるレンディングはちょっと心配、という方もいらっしゃると思います。

そこで、その不安が少しでも解消されるように、FUELHASHの代表取締役の紺野氏に直接色々お話を伺ってみました。

※ちなみに私が住んでいるアメリカは、暗号資産の規制が厳しく、このようにお得なサービスを提供する取引所があまりないので、日本の皆さんが羨ましいです😿

 

まずは紺野氏の経歴をご紹介します。

株式会社FUELHASH 代表取締役:紺野勝弥

2016年10月 金融庁登録を持つ暗号資産取引所QuoineへCFOとしてジョイン。

2017年  3月 代表取締役に就任。金融庁登録申請やQash ICO、IDG Capitalからの資金調達をリードし、ユニコーン企業へと成長させた。

2019年11月 グローバルでマイニング事業を行う。BITFURY社の日本代表に就任。

2020年  6月    日本初となるビットコイン・マイニングファンドを立ち上げた。

2021年  3月 株式会社FUELHASH創業。

 

※ソフトバンクグループでは約8年間、M&Aや資金調達、格付対応、ベンチャーキャピタル業務に従事。スプリント買収やARM買収ファイナンス案件を担当。

会社自体は創業2年弱の赤ちゃんですが、代表取締役の紺野氏は素晴らしい経歴をお持ちで、金融業界にも精通しているのでこれからの活躍が期待されます。

またマイニングファンドを立ち上げたとあるように、FUELHASHではレンディングの他にマイニングの事業も展開していて、マイニング事業でも年利20%くらい(相場に影響します)で運用できるよう設計されているんです。

そしてマイニング運用には、再生可能エネルギーを用いていたり、NFTを活用した寄付活動などもされていて、クリプトを当たり前に!の理念の通り、保護犬だったらんまるくんというワンちゃんがマスコットを務めていたり、見やすいように配慮して作られているサイトにも誠実さが感じられます。

どのように運用されているのか?

それでは、気になるレンディングの運用についてお話していきますね。
そもそも暗号資産用語のレンディングとは、コインを貸し付けて金利を得ることを言います。

コインを貸したい人 ✖️ 事業所 ✖️ コインを借りたい人

サービスの流れと基本的な構造

⭐️ 資産を増やしたいという人が、事業所にコインを預けて貸し出します。
⭐️ そこにコインを借りたい人が事業所から借ります。
⭐️ 返済をする時に利息をつけて返します。
⭐️ その利息がコインを預けた人の収益となります。

※この間に立つのがFUELHASHなどの事業所になります。

レンディングサービスの特徴と4つのポイント

その前にもう少しクリプトレンディングの特徴やメリットをお伝えしますね。ポイントは4です。


    

✳️ ポイント① 国内最高水準最大金利10%。
✳️ ポイント② 6通貨対象の取り扱い(BNBの取り扱いは国内初)。
✳️ ポイント③ CMSライセンスの下での安定運用。
✳️ ポイント④ 元本保証なので、元本割れの心配ご無用。

運用開始までの4ステップ

      

30日、60日、90日のプランから選択して、短期間ののサイクルで複利で回すことができます。

国内の場合、他にコインチェックの貸暗号資産サービスがレンディングを提供していますが、最大年率5%で、利率でいうとコインチェックの方が高い通貨もあります。こちらも結構良いですが、5%の場合は1年間ロックになってしまうのと、人気なので枠が空いていないことが多いので、運用したいのにできないのが残念です。

また日本の取引所では、USDTやUSDCなどのステーブルコインの取り扱いがありません。
運用できるのはFUELHASHクリプトレンディング」だけなので、今後の暗号資産の運用の手段として有望ですね。

顧客資産の安全性はどうなっているのか?

さて、運用方法がわかったところでもう一つ気になるのは、どのように資産が守られるかという点だと思います。
その辺りについて、紺野氏のインタビュー動画の中にお話がありますのでそちらをご覧ください。

いかがだったでしょうか?

シンガポールの金融局が発行する、機関投資家向けの債権、株式、暗号資産などに関する正式なビジネスライセンスCMSも取得した上で、日本のルールに則って、さらに元本保証があるということで、初心者の方にとっても安心して始められるのではないでしょうか。※CMSはCapital Market Serviceの略です。

またインタビューの中でも話されていた変動金利型のクリプトレンド最大約26%の金利が得られ、ゲーム感覚で資産の運用ができるのもかなり興味深いですね!

12月19日よりサービスが既にスタートしています。

今後も年利50%や100%を目指せるような楽しいサービスを予定しているそうなので、FUELHASHに会員登録をして、

公式Twitterなどから情報を追っていくのも面白そうですね!

会員登録は簡単です。 公式サイトへ行き、メールアドレスとパスワードを入力するだけでOKです!

※レンディングは本人確認が必要なので、免許証などを提出しましょう。

クリプトレンディングのリスクについて

最後にリスクについてお話しします。
初心者に始めやすく安定した運用だとしても、投資には以下のようなリスクがあることは、あらかじめ注意しましょう。

⚠️ 価格変動リスク
  投資をするのは暗号資産で、やはり価格変動リスクがあります。
⚠️ コイン自体のリスク
  今年の5月にルナショック(当時時価総額トップ10)があったように何が起こるか分かりません。
⚠️ 規制や法律の変更などのリスク
  今後の規制や法律の変更に伴ってサービス内容も変わる場合もあります。

以上のリスクを把握した上で参加するようにしてくださいね。

 

それでは、お待たせいたしました!

プレゼントのご案内と応募方法

この度FUELHASHさんのご厚意で嬉しいプレゼントをいただきました。
COINCATSの動画やブログをご覧いただいている方に、5名様に
50USDT(約6500円相当)をいただけることになりました。

応募先はこちらから→ 50USDTを5名様にプレゼント!

当選された方は、こちらを資金にしてレンディングを試してみてはいかがでしょうか?→  FUELHASHアカウント作成

Coincatsでは、CCDと言うDiscordのコミュニティを運営しています。


限定のプレゼント企画やここでしか聞けないラジオ配信や相場の分析やニュース解説などしています。

 

投資を始める前に、まずコミュニティーに参加して、しっかりと情報を得るのもとても大切なことだと思います。
こちらのURL からぜひご参加くださいね。→ 
CCD Discord

以上、「クリプト冬の時代だからこそ!FUELHASHのレンディングで安全・安心運用」を最後まで読んでいただきありがとうございました。