女子による暗号資産の情報サイト

ビットコイン決済取扱店、5年で571%増加 暗号資産の実用化進む

着実に進むビットコインの実用化

世界の暗号資産(仮想通貨)決済店舗を確認できる「Coinmap」にて、ビットコイン決済を取り扱う店舗がこの5年で571%増加していることがわかりました。

以下は、2014年(上)と2019年(下)それぞれのCoinmapのデータです。2014年時点での店舗数は2514ですが、2019年現在14355に増えています。

引用:https://coinmap.org/welcome/

 

全体的に店舗数が増加傾向にある中で、特に南アメリカ地域で急増していることが確認できます。

最近ニュースとなっているベネズエラのハイパーインフレなど、経済危機が深刻化しているエリアでの暗号資産の普及が見受けられます。また、アルゼンチンでは、電車やバスなどの乗車にビットコインを使うことができます。

 

アルゼンチンの公共交通ICカード ビットコインでのチャージが可能に

 

こね子

日本でも増えたみたいだにゃ~
東京や愛知、大阪など都市部の飲食店やサロンが多いにゃ

ねこせん

 

オンライン決済から見る暗号資産の需要

ロシアのサイバーセキュリティ企業Kaspersky Labsの調査「最も利用されている支払い手段」により、消費者の13%が暗号資産をオンライン決済で使用した経験があることが分かりました。

(調査対象:22カ国の合計12,448人)


引用:https://www.kaspersky.com/blog/money-report-2018/

 

一番多く利用されているのはデビット・クレジットカードで、81%となっています。

暗号資産決済の比率は、Paypalの53%やApple Payの31%には及ばないものの、今回の調査を主導したVitaly Mzokov氏は、「暗号資産決済の13%という数値は驚異的な成長を示唆しており、将来的には”オンライン決済で不可欠な要素”となる可能性も十分ある」と述べています。

 

これらのデータは、暗号資産決済を受け入れる店舗と消費者が増加していることを示していると言えるでしょう。

価格変動の大きさから投機的なものとして見られがちだった暗号資産ですが、消費・決済の分野でのこれからの活躍が期待できます。