【Dapps(ダップス)とは?】仮想通貨(暗号資産)の発展に貢献 ゲームや取引所にも

Dapps(ダップス)という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

仮想通貨(暗号資産)関連のニュースや記事を読んでいるとたびたび登場してきます。

ちょっととっつきにくい言葉ですよね。しかし、知れば簡単!仮想通貨がもっと楽しくなりますよ♪

この記事では、ゲームや取引所などで活躍するDappsについて解説していきます。

Dappsとは?

まず、Dappsを日本語にすると、ブロックチェーンを用いた非中央集権的なアプリケーションとなります。

 

こね子

いまいち分かりづらいにゃ

 

つまり、ブロックチェーン技術を活用しているゲームや取引所の総称をDappsと呼びます

仮想通貨の技術として活用されるブロックチェーン技術。すべてのデータは公開され、不正や改ざんができないという特徴を持っています

さらに、非中央集権的ということで、データを管理する特定の管理者や組織が存在しません。特定の誰かが管理している中央集権的なサービスは、裏で何をしているのか分かりづらいという点があり、私たちユーザーは管理者を信用するしかありません。

また、悪意のあるユーザーが管理情報を乗っ取り、なりすましや不正が起こる可能性も考えられます。

しかし、ブロックチェーン技術を使用することで、整合性を保った取引やサービスを行うことが可能となります。

 

このような特徴を持ったものがDappsと呼ばれ、広域では、ビットコインをはじめとした仮想通貨もDappsといえます。

一般的にDappsと呼ばれるものとしては他にDEX(分散型取引所)Dappsゲームなどが挙げられます。

Dappsの種類

DEX(分散型取引所)

特定の管理者が存在しない非中央集権型の仮想通貨取引所もDappsの一種です。

ブロックチェーン技術を活用しています。

取引所のハッキングリスクが従来の中央集権型取引所(特定の管理者がいる取引所)より格段に低く、これからの仮想通貨取引所のかたちであると高い注目を浴びています。世界最大級の取引所バイナンスも、DEXのリリースをしています。

合わせて読みたい

【世界初 比類なき分散型取引所】HB WALLET DESKTOP に搭載の HB DEXとは?

Dappsゲーム

仮想通貨やブロックチェーン技術を活用したゲームです。育成ゲームからRPGまで、さまざまなゲームが開発され、人気を集めています。

その中でも有名なのはCryptoKitties(クリプトキティ)でしょうか。自分だけのオリジナルのネコを作り、それを売買することができます。

公式:https://www.cryptokitties.co/

合わせて読みたい

【Dapps】ゲームはトークン化されるべき重要な産業、ゲーム産業のブロックチェーン技術採用

2019年はDappsゲームの時代!?

仮想通貨をはじめとしたDappsという概念。その注目度は高まる一方です。

例えば、ドラゴンクエストやファイナルファンタジーといった世界的ゲームメーカーのスクウェア・エニックスは、今後のデジタルコンテンツ分野におけるブロックチェーン技術の応用に非常に関心を持っています。(2019年年頭所感より)

また、仮想通貨投資ファンドのデジタルカレンシーグループのトラヴィス・シェア氏は、DappsゲームとNFT (Non-Fungible Token、代替不可能なトークン)が機関投資家にとって注目の分野だと指摘しました。

この代替不可能なトークンとは、世界にひとつしかない特定のものを指し、トークンごとに価値が違うという特徴を持っています。芸術品や土地などの所有権のようなイメージです。

イーサリアムのERC721トークンは、代替不可能なトークンとしてDappsゲームの中で活躍しています。

例えば、上述したクリプトキティのネコは、そのネコ自体がERC721トークンとして扱われ、レア度が高く人気なネコほど高値で売ることができます。

合わせて読みたい

【ERC20って何?】ERC223/ERC721とさっくり比較してみた!保管できるウォレットまで

 

このような分野に注目した大手企業スクウェア・エニックスが実際にDappsゲームを発表するとなった場合、その他有名なゲームメーカーもそのあとに続くことが予想されます。

実は、クリプトキティやDEXなど多くのDappsは、イーサリアムのプラットフォーム上で開発がされています。

今後、Dappsゲーム界が盛り上がっていくとするならば、それに使用されるであろうイーサリアムは大きな盛り上がりを見せることが期待できます。

まとめ

仮想通貨業界でよく使用されるDappsとは、ブロックチェーン技術を活用したゲームやサービスの総称です。また、ビットコインをはじめとした仮想通貨もDappsといえます。

仮想通貨は、価格変動の大きさから投機的な面が注目されがちですが、仮想通貨やブロックチェーン技術にはまだ様々な可能性があることが分かりますね。

将来的に、既存の大手企業や金融機関がこの業界に参入し、私たちにとって仮想通貨やそれに伴う技術はさらに身近なものとなっていくでしょう。

未来が楽しみですね💓