【新時代来るか】BTCは2020年頃に最高値になる!?

アメリカの投資ファンド会社、Fundstrat社の創設者であるトム・リー氏が、米経済番組CNBCのインタビューに対して2020年までに暗号通貨の価格が史上最高を記録する」との予測を発表しました。

史上最高って事は2017年末の250万円を超えるって事?!

MEMO
Fundstrat社とは世界的に有名なアメリカの金融専門誌「Institutional Investor」によるアナリストランキングにおいて、5年連続米国株式ストラテジスト部門TOP3にランクインしたほどの実績がある独立系調査会社です。

 

ねこせん

世界12か国140社という膨大な金融機関・ヘッジファンドなどに投資戦略を提供している、投資のプロのコンサルタント会社なんだよ

暗号通貨の冬の時代が終わったことを示す3つのポイント

・ビットコインのブロックチェーン上での取引量の増加
特に、自国の通貨に対する不信が大きく、ハイパーインフレに苦しむベネズエラやトルコからの購入者が全体の増加率の3割ほどを占めた。

・200日移動平均を突破
4
2日にビットコインは、200日移動平均を突破した。リー氏はこの水準を重視していたそう。

・OTC(店頭)取引の拡大
機関投資家の取引動向を図る上でOTC市場を重視。Fundstratが独自で調査したところによると、OTC取引企業の顧客の数が約60%〜70%増加している。

OTC取引とは
OTC取引とは、店頭取引のこと。
取引所を介さない直接的な取引のことを指します。市場を通さず、証券会社等の窓口カウンター越しに行われる取引ということから「Over The Counter」略してOTC取引と呼ばれています。

ちなみに、
次のビットコインの「半減期」への期待感などから近い将来、再び価格が急上昇するタイミングが訪れる可能性があると予想しているアナリストも多くいます。

ビットコインの半減期はブロックの生成速度に依存しているので、前回の半減期からちょうど4年後に来るとは限りませんが、現在の予測では20205月頃に来るのではないかという予測もあります。
また、ビットコインの過去のチャートでは、半減期後は価格が上場傾向にあります。

ビットコインの半減期とは

半減期とは、ビットコインのマイニングの報酬額が、約4年ごとに半額になり続ける現象のことです。ビットコインの1回のマイニング報酬は当初50BTCでした。そして、2012年の半減期で25BTC、2016年の半減期で12.5BTCとなっています。マイニング報酬が半分になるということは新規に発行されるビットコインが減るという事ですので、需要と供給の関係でビットコインの価格は上がりやすくなります。

2019年から2020年にかけてビットコインも暗号通貨業界も、より盛り上がっていくと良いですね❤️