女子による暗号資産の情報サイト

暗号資産投資でつかえる必須サイト【CoinMarketCap(コインマーケットキャップ)とは?】

こんにちは、暗号資産女子COIN CATSです💓

 

今回は、暗号資産(仮想通貨)初心者が最初に見るべきサイトCoinMarketCap(コインマーケットキャップ)」をご紹介します!!

 

コインマーケットキャップを上手に使えるようになると

 

こね子

このコイン大丈夫かな? あそこの取引所は大丈夫かな?💦

 

ということを、

ネットやお友達からの情報だけに振り回されず、自分で調べて判断することができるようになります。

コインマーケットキャップとは?

コインマーケットキャップを一言で説明すると、暗号資産に関する情報がぎゅっと詰まったサイトです。

 

ねこせん

アメリカの会社で、2013年4月から運営しているにゃ!

 

コインマーケットキャップのトップページ

こちらはコインマーケットキャップのトップページです。

時価総額が高いコインからランキング形式でずらーっと並んでいます。

CoinMarketCap

暗号資産といえば、ビットコインが一番有名ですよね!

時価総額ランキング1位にもなっています✨

 

世界の通貨でもそれぞれ、アメリカドルとか日本円、マレーシアではリンギットといいますが、そういう通貨があるように、

暗号資産もビットコイン以外にも世界で何万種類というコインが発行されています。

 

コインマーケットキャップでは、その何万種類あるうちの一部、今だと5000種類ほどのコインの

  • 時価総額
  • 現在の取引価格
  • 取引量
  • 過去の価格推移

などを一覧で見ることができて、かなり使えます

 

そもそもこの、コインマーケットキャップの「マーケットキャップ」とは、「マーケットキャピタリゼーション」といって、株などの用語で、時価総額のことです😊✨

 

時価総額とは?

時価総額とは、株で言えば、ある上場企業の株価に発行株式枚数をかけたもの」であり、企業価値をはかる指標になります。

時価総額が大きいということは、業績だけではなく、将来の成長に対する期待も大きいことを意味しています。

つまり、時価総額とは、企業の価値・信頼を数値化したもの、と言っていいでしょう👆

 

コインマーケットキャップはそれの暗号資産版!

コインマーケットキャップはそれの暗号資産版で、どの暗号資産が、何枚流通していて、いくらで取引されているか、というのを「時価総額」という数字で表しています。

 

時価総額は「コインの値段×循環サプライ」で計算されます。

※循環サプライ…市場に流通しているコインの枚数

CoinMarketCap

上の画像で言えば、ビットコインの時価総額は約14兆円で、イーサリアムは2兆円、リップルは9000億円です。

 

株式と同じように、この数字が大きいほど、コインに対する期待値が大きかったり、多くの人が持っていたり、という指標の一つになります。

 

どういうときに使える?

このコインマーケットキャップ、どういうときに使ったらいいかといいますと

私たちの場合は、初めて聞いたコインはまずここで調べます😊

コインマーケットキャップは、ありとあらゆるデータを集めて検証をしている中立的なサイトです。

ここに載るということは、現時点である程度評価されているコインだということが判断できるからです。

 

コインマーケットキャップの数字がすべてではない

コインマーケットキャップは、とっても有益で便利なサイトですが、一つ注意ポイントをお伝えしておきます🙄

それは、コインマーケットキャップの数字がすべてではないということです。

 

例えば、この時価総額ランキング、ちょっと数字のマジックがあるのですが…

この画像のイーサリアムの値段を見てみてください。

CoinMarketCap

18,000円ですね。

ビットコインの76万6千円よりも格段に安いのに、時価総額ランキングでは2位となっています。

 

それは何故でしょうか、、、

循環サプライ(流通枚数)が多いからですね!!

(ビットコイン1800万枚、イーサリアム1億1千万枚)

 

先ほどお伝えした通り、時価総額は「コインの値段×循環サプライ」で計算されます。

なので、値段か循環サプライ、どちらかの数が大きければ大きいほど時価総額ランキングの上位に来やすいという特徴があります。

 

もし、発行枚数が10兆枚あるコインがあったとしたら、たった1円の値段が付いただけで10兆円の時価総額になるということです。

今のランキングで言えば、ビットコインに続く2位に入ってしまうんです。

 

何が言いたいかというと、コインの価値は時価総額が全てではない、ということです。

ランキング上位にいる=いいコインであると確証できるものではありません。

たとえ10兆円の時価総額を誇るコインを手にしていたとしても、それが何の使い道もなくて、誰も欲しがらないコインだったら意味がないですよね🙁💦

なので、このコインマーケットキャップが全て!という訳ではなく、投資するためのひとつの参考情報として活用するのがいいかなと思います。

 

コインマーケットキャップ公式サイト

 

本日のまとめ

 ということで、今回は、暗号資産初心者が最初に見るべきサイト「コインマーケットキャップ」について解説しました。

暗号資産投資する人は必ずと言っていいほど見ているサイトなので、ぜひ知っておくと良いですね😊

 

コインマーケットキャップの操作方法などが知りたい!という場合は、YouTubeで解説していますので、そちらをご覧ください✨