女子による暗号資産の情報サイト

【管理まで】仮想通貨(暗号資産)の秘密鍵と公開鍵を分かりやすく解説!これで自分の資産を紛失しない!

仮想通貨(暗号資産)における「秘密鍵」と「公開鍵」とはなんぞや?と検索し、たどり着いたあなた。
「秘密鍵」と「公開鍵」についてWebを徘徊したけどちょっと難しくて分からなかったあなた。

この記事では、秘密鍵と公開鍵について分かりやすく解説し、あなたの資産(秘密鍵)を守る方法までご紹介いたします。

分かりやすく教えて

まずは「秘密鍵」と「公開鍵」について分かりやすくご説明いたします。

「秘密鍵」と「公開鍵」を知るには、仮想通貨と仮想通貨のウォレットについて知る必要があります。
知識ゼロでも大丈夫!仮想通貨(暗号資産)とは何か?図を用いてわかりやすく解説

仮想通貨とは、特定のブロックチェーンに格納された取引の記録のことです。

仮想通貨のウォレットとは、私たちの公開鍵と秘密鍵を管理するソフトウェアプログラムです。仮想通貨ウォレットでは、公開鍵と秘密鍵を用い、仮想通貨を送受信できるようにし、残高を確認することができます。

 

なるほどね。「秘密鍵」と「公開鍵」って言うのは、仮想通貨を送受信するために使うものなのね。

そう。あなたのウォレットアドレスを教えてくれたら、あなたに仮想通貨を送ることができるよ。
アドレスとはこのようなものです。

アドレスとは、公開鍵を短くしたもので、それを用いることで仮想通貨を受け取ることができます。秘密鍵とは、自分のアカウントにアクセスするためのパスワードと捉えることができます。

仮想通貨の送受信をするために、自分のアカウントのアドレスと、そのパスワードである秘密鍵が必要です。

 

キミのビットコインウォレットの秘密鍵を教えて。
だめだよ!秘密鍵を教えたら、中に入っているボクの仮想通貨を他の誰かに送ることができるでしょう?

大正解!秘密鍵は誰にも教えちゃダメ。

秘密鍵とは?

秘密鍵とは、デジタル空間の中での自己証明書です。公開鍵によって暗号化された仮想通貨の取引データを復号化するために用います。秘密鍵はウォレット内の仮想通貨の所有権を証明することができる唯一のものです。

公開鍵とは?

公開鍵とは、一般に公開されている鍵で、秘密鍵から作成されます。署名データが本当に正しいのかを検証するために用います。

どのように使われるの?

私がはなこに3BTC送ります。
必要なもの

  • 自分の秘密鍵
  • はなこ(送信先)のビットコインアドレス
STEP.1
自分の秘密鍵をもとに公開鍵を作成する
STEP.2
’’私がはなこに3BTC送信します’’という取引データと、取引データを自分の秘密鍵を使い暗号化したもの(署名データ)を作成する
STEP.3
ネットワーク上に、取引データ・署名データ・公開鍵を公開する
STEP.4
マイナー(採掘者)は、公開された取引データが署名データを公開鍵で復号したデータと同一であるか検証する
※同一であることが検証されたことにより「このデータの送信者は、鍵を作成した本人に間違いない」ということが証明されます。
STEP.5
検証が終われば、送信は完了
POINT
上記は、ウォレットの「送信」ボタンをタップすると行われる取引です。秘密鍵は送信するウォレットに組み込まれているため、自ら何かを実行する必要はありません。つまり取引をする際には相手のウォレットアドレスが分かっていれば、送受信は簡単に行うことができます。

このように、「秘密鍵」と「公開鍵」を用いた「公開鍵暗号」の仕組みにより、「誰もがどんな暗号が使われているのかを知っているのに、暗号を解読するのが難しい」という世界を実現しています。

「公開鍵」を用いて、第三者(マイナー)による確認作業があるからこそ仮想通貨による送金の安全性は保たれているんだね。
これが暗号通貨の信用の担保になっているんだね。

秘密鍵の管理方法

あなたの資産を守るためには、秘密鍵の管理方法が重要です。秘密鍵を確認できますか?メモには控えていますか?

秘密鍵を確認・管理する方法は、お使いのウォレットの種類によって異なります。
例えば、一般的な取引所内で扱われている中央集権型のウォレットでは、秘密鍵をウォレットの運営側が管理しているため、自ら確認・管理することはできません。

手軽に使うことができ利便性が高いと言えますが、取引所がハッキングにあった場合、秘密鍵を奪われ、資産ごと盗まれてしまう可能性があります。

多額の資産を保管する場合には、秘密鍵を自分で管理できるウォレットのご利用をおすすめします。

【資産を守る!】仮想通貨(暗号資産)のウォレットとは?目的別に解説

パスフレーズとは?

スマートフォンやウォレットを紛失した際に、ウォレットを復元するために使います。
12~24の英語や日本語の単語の組み合わせで、例えばこのような構成です。「cat bread treasure trip head book room train good chair ・・・」
パスフレーズを無くしてしまうと、そのウォレット内の資産は2度と使えなくなってしまいます。確実に保管しておきましょう。

本日のまとめ

  • 「秘密鍵」と「公開鍵」は、仮想通貨を送受信するために使うもの
  • 「秘密鍵」を自分で管理できるウォレットを使用する
  • 「秘密鍵」と「パスフレーズ」は必ずメモに控える

秘密鍵は、ウォレット内の仮想通貨を動かす唯一の手段です。自分に合った取引所・ウォレットを選び、適切に管理をしましょう。