女子による暗号資産の情報サイト

Etherscan(イーサスキャン)とは?画面の見方や使い方、最低限確認したいポイントを解説!

イーサスキャンとは?

イーサリアム(ETH)やトークンの取引履歴などが見られる超便利なサイトです!!

他にも、トークンなどの通貨の情報や取引状況といった、イーサリアムに関する多くの情報が手に入ります

 

ねこせん

今回は、その基本的な見方をお伝えするにゃ!

イーサスキャンはどういうときに見たらいいの?

トップページ https://etherscan.io/

 

英語ばっかりで目をそむけたくなるにゃ・・・

こね子

ねこせん

大丈夫!最低限のポイントだけ教えるよ

 

イーサスキャンでは、これらの情報を誰でも調べることができます。

  • 資産状況を確認したい
  • 取引履歴や取引状況を確認したい
  • トランザクションエラーになった原因を知りたい
  • トークンの情報を知りたい

 

例えば、自分のイーサリアムアドレスを使えば、そのアドレスが持っている資産状況をすべて見ることができます。

 

全部見れちゃうの?なんかこわいにゃ・・・

こね子

ねこせん

アドレスで個人が特定されたり、ハッキングに遭ったりすることはないから安心するにゃ!

画面の見方を一緒に確認していきましょう!

自分が持っている資産を調べる(指定したアドレスの情報を調べる)

分かること

  • そのアドレスが持っている、トークンを含めた資産状況
  • そのアドレスでの取引履歴
  • ↑取引履歴の詳細

 

通貨がきちんと送信できているかの確認や、トランザクションエラーの原因を調べることができます。

 

トライしてみましょう。

まず、上部の検索画面に自分のイーサリアムアドレスを入力して「Search」ボタンを押します。

 

そうするとこのような画面になり、検索したアドレスの状況を見ることができます。

①総資産(ETH)

②総資産(USD)

③このアドレスが持っているトークン

④取引履歴の一覧

左から順番に

 TxHash :トランザクションID(この取引のID)

 Block  :この取引が格納されているブロック

 Age     :いつの取引か

 From   :送信元のアドレス

 OUT/IN     :出金/入金

 To     :送信先のアドレス

 Value     :取引されたETHの額

 TxnFee    :取引にかかった手数料(トランザクションフィー、イーサリアムのマイナーに支払われます)

 

自分が持っているトークンを調べる

Tokenをクリックすると、自分が持っているトークンの一覧が出てきます。

「17」という数字はこのアドレスが所有しているトークンの数で、取引所に上場しているトークンは右側に金額が表示されています。

表示されているトークンをクリックすると、詳細を見ることができます。

 

何かしらのエラーとなった取引は、取引一覧の左端に赤いビックリマークが表示される

TxHashを押すと、どういうエラーが発生したのか確認できます。(エラーに関しては以下に記します)

 

TxHashを押すと、取引の詳細を確認できる

「Success」となっていれば無事に取引が完了しています。

  • Status:取引の状況

   Success  取引に成功

   Fail     取引に失敗

   (Pending):取引が完了していない。処理中。もう少し待ちましょう。

 

  • Transaction Fee:実際にかかったトランザクションフィー

 

Failとなるトランザクションエラーには、主に以下の原因が考えられます。

  • Warning! Error encountered during contract execution [Reverted]

   なんらかの理由で取引が成立しなかった。(すでに完了している取引を実行した場合など)

 

  • Warning! Error encountered during contract execution [Out of Gas]

   取引に必要なガス(手数料)が足りていない。(解決法:ETHを補充する)

 

 

※こういったエラーの場合、送信したETHは戻ってきますが、手数料(トランザクションフィー)で使った分は戻ってきません。

 

画面の見方について補足

  • Internal Txns:投げ銭などで入手(コントラクトアドレスを経由)した取引
  • Erc20 Token Txns:ERC20トークンの取引
  • Erc721 Token Txns:ERC721トークンの取引(Dappゲームなど)

を、見ることができます。

 

指定したトークンの情報を見る

検索窓にトークン名を入力します。今回は、日本発のトークンである「NANJCOIN」を検索してみます。

 

NANJCOINの基本的な情報や取引履歴などが表示されます。

  • Price              :現在の価格(未上場トークンは0ETHです)
  • Total Supply :総発行枚数
  • Holders         :トークンを保有しているアドレスの数
  • Transfers      :取引回数
  • Contract        :コントラクトアドレス
  • Decimals       :小数点以下の桁数
  • Official Site   :公式ウェブページ
  • Social Profiles:SNSやホワイトペーパーなどへのリンク

 

もうひとつ、右上の「Tokens」→「ERC-20 Top Tokens」からERC20トークンの一覧が見られます。トークン名をクリックすることで詳細を確認することができます。

ICOなどに参加される際は調べてみるとよいでしょう。

 

ねこせん

ここまでが基本的なイーサスキャンの見方となるにゃ。使い方はわかったかな?
ふむふむ。こうやって自分で調べられるのは安心だにゃ!

こね子

 

まとめ

仮想通貨(暗号資産)はブロックチェーン技術によって支えられています。ブロックチェーンを言い換えると分散型台帳、つまり特定の組織が管理しないみんなで見守る通貨と言えます。

そのため、このようにすべての取引を誰でも見ることができ、不正や改ざんもない透明性の高い取引を可能としています。

 

ねこせん

イーサスキャンを使って、他にもいろいろな情報が見られるよ!続きはまた次回♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です